雑記

もう疲れたよ。生きるのに疲れた40代主婦はどうしたら楽になれるのか?

「パトラッシュ、わたしはもう疲れたよ。なんだかとても眠いんだ」みたいな感じで、少し前まで生きるのに疲れ切っていました。

気がつけば、「人生に疲れた」とか「楽になりたい」なんて検索している自分がいる。

仕事と家の往復をするだけで精一杯、家事も手抜き、食事の支度をするのもしんどいことも多々ありました。(洗濯だけはなんとかしてたけれど)

仕事が失敗しているわけでもなく、家庭にストレスがあるわけでもない。仕事が休みの日になっても、寝てばかりで家事もできない。休日なのに焦りばかりで心が全く休まらない……。

さき
さき
こんな私ですが、ここ2週間ほどでだいぶ元気になりました。何をしたら元気になったのか、ご紹介したいと思います。

自分のやりたくないことを頑張ろうとしていた

ここまで疲れ切ってしまったのは、自分がやりたくないことを精いっぱいやろうとしていたこと。

私の場合やりたくないのはブログ運営のことでした。ブログ歴が長いんだから、質の良い記事を書いてたくさん稼がなきゃいけない。

好きで好きでたまらなくて始めたブログが、気がついたらストレスの原因になっていました。ブログがストレスになり全く書けない……。

SNSでブロガーさんをチェックしても、みんな頑張っているし朝活して記事を書いている。しかもみんな頑張っていて楽しそう。

なんで私はブログを書くのが楽しくないんだろう……。

心が疲れている時は無理しないで休めばいいのに、知らず知らずのうちに他のブロガーさんと自分を比較していたこと。

~しなきゃいけない、と思うからストレスになるだけのこと。

頑張ろうと空回りしてしまうと、冷静な自分を見失っていました。

心のエネルギー不足、電池切れ

なんでも自分が我慢すればよい、人に嫌われたくないといつも都合の良い人になってしまって、知らず知らずのうちにストレスを抱え込んでいました。

嫌なことは嫌、できないことはできない。職場で理不尽なことをされたら、その場でハッキリと言えばいいのに言えない。

ストレスもどんどんたまり家でも外でも24時間考え事ばかり。不安なことがたくさん湧いて出てきて、脳が休まるときもありません。

いつの間にか休みの日になると、何かやろうと思っても身体が動かない。洗濯機を回しても干す元気がない。洗濯しても干せなくて、何度も洗濯機を回しなおしたこともありました。買い物に行こうとしても、出かける支度をするのが面倒になってしまう。

なんとか食べて寝ることができているから、まだ大丈夫。うつではない、なんて思っていたけれど、今考えると精神的にかなり危ないところまで来ていました。

心が電池切れのときは、何もせず、ただぼ~っと過ごせばいいのに、それすら忘れていました。

さき
さき
本当に辛かったよね。相談する相手もそばにいなかったし。仲の良いママ友が電話で話を聞いてくれなかったら、完全にアウトでした

本当に心が喜ぶことをやってみる

本当に心が喜ぶことをするために、やりたくないことを紙に書き出してみました。

すると反対にやってみたいこと、これならできるかな?ということが少しずつ出てきました。

過去にやって楽しいな、と思えたもの。時間を忘れて夢中になれたもの。ストレスなく続けることができたもの。

自分には楽しめるものがない、と決めつけていたけれど、焦らずゆったりした気持ちが考えてみると、やりたいな♪というものが出てきました。

共感してもらえたこと、認められたことでさらに心から楽になった

SNSをはじめて、自分の考えをツイートすることにしました。少しずつ勇気をもって自分の本音をツイート。すると自分のツイートに共感してもらったり、生き方を認めてもらえることが増えてきました。

わたしの心が疲れていたのは、誰かに共感して欲しかったこと。

主婦って頑張ってもなかなか仕事を認められません。家のことや子育てPTAなどを頑張っても、主婦なんだしそのくらいやって当然じゃん。みたいなところがあります。

頑張っても頑張っても、認めてもらえないような気がして、心がどっと疲れてしまったんだと感じます。

どこまで私は頑張ればいいの?もういい加減頑張るのやめたいよ、みたいな感じで。子の頑張りが死ぬまで続くと思うと、本当に嫌になってしまって。

 

主婦のみなさん、私たちは毎日頑張っています。頑張りすぎず、時には自分を甘やかして、ゆるゆると時間を過ごすのもありだと感じます。

 

主婦は周りに認めてもらうだけで元気になれる。そう感じた記事でした。

ツイッターではブログに書けないようなこともつぶやいています(*´▽`*)

@sakismailmama

人気ブログランキング
ぽちっと応援していただけると、飛び上がって喜びます(*´▽`*)

よろしくお願いいたします。