困ったこと

固いパンが喉に刺さって吐血!ありえないような怖い体験談

先日、ちょっと自分でもありえない、怖い経験をしました。呼吸ができなくて死ぬと思ったくらい。

固いパンが喉にささり、吐き出そうとせき込んだら吐血。息苦しさもあり慌てたのですが、結局大したことはなかったのですが……。

同じような人もいるかもしれない(いや、いないかもしれない)と経験談を紹介します。

数日前に焼いた自家製パンが喉に刺さる

何があったのか?というと、仕事を終え帰宅。あまりにもお腹が空いていたので、こんがり焼いたガーリックトーストを水分も取らず食べていたところ、

 

なんと、パンの固い耳が喉に刺さりました。

ちょっと信じられなかったです。パンが喉に刺さるなんて……。

 

パンを口に入れて飲み込んだ際、喉に刺さったような鈍い痛みがある。パンが刺さったと思い、水を飲んでも喉に刺さったパンは流れ落ちてくれない。

しかも水を飲む際、鈍い痛みがあるので怖くなる。

最初はパンが気管に入ったのか、と思い、なんどかせき込んでみる。吐き気も出てくるし、何度となくせき込むと、今度は吐血してしまい(大匙1杯くらいの血の量)慌ててしまいました。

 

血を吐くなんて大変。まだ死にたくない。と、とにかく病院に行かなければ、と。

この時、家族がいれば良かったのですが、今は家に私ひとり。

呼吸器の病気もあるし、血がとまらず気管に詰まったら死んでしまう。と、どんどん悪い妄想ばかりしてしまい、なんだか息苦しくなるような気もする。

唾を飲み込んだ際、喉を締めつけられている気がしてならない。

 

ちょっと冷静になれば、大したことがないとわかったのですが、

 

とにかく病院に行かなければ、と夜間の緊急外来に電話連絡、

息が止まるのではないか?と思いつつ、車を運転。なんとか自力で病院にたどり着く。

酸素濃度は97。診察の際、喉を聴診器で押されると息苦しくなる。耳鼻科の先生がいなかったので、詳しい診察はできなかったのですが、とりあえず呼吸はできているので明日まで様子を見て、また来院するように言われたのですが……。

このまま夜を過ごすなんて、怖すぎると思った私。

病院から帰った後、少しずつ水分を取っていました。

結局どうなったか?というと、

翌日→喉の痛みは和らぎ、喉の息苦しさも取れる

さらに翌日→喉の痛みは少しあるものの、ほとんど気にならない程度

何事もなく、元の生活に戻ることができました(*´▽`*)

ネットで自分と同じような人がいるか調べてみた

パンが喉に刺さるなんて、私以外に経験した人がいるんだろうか?とネットで検索してみると、意外といるんですね。

固いパン、フランスパンなどが喉に刺さったり、喉を傷つけてしまう人が。

自分ひとりじゃなくて、ちょっとほっとしました。

さいごに

パンが喉に刺さっても、呼吸ができれば慌てなくて大丈夫、ということがわかりました。

吐血にはびっくりしたのですが……。

ただ、時間とともに息苦しくなるようであれば、すぐにでも病院に行くべきじゃないかと思います。(医者じゃないので、はっきりしたことは言えませんが)

年齢とともに食べ物を飲み込む力が弱くなること、喘息が出て粘膜が弱くなっていたのも、パンが喉に刺さった原因なのかな?とちょっと思います。

 

くれぐれも固いパンを食べるときは、水分をとりながらゆっくり食べてくださいね。

 

パンが喉に刺さって血を吐くなんて、家族に絶対馬鹿にされる。と思っていたのですが、予想とは反対に家族が心配してくれて、ちょっと泣きたくなりました。

しばらくパンを食べるのが怖くなりそうな予感がします。ほんと、何事もなくて良かった(*´▽`*)

人気ブログランキング
ぽちっと応援していただけると、飛び上がって喜びます(*´▽`*)

よろしくお願いいたします。