ノースポール

7月なのに……。【こぼれ種の発芽が高すぎ】なノースポール

昨年の秋に種まき無事越冬して、6月12日に撤去したノースポール。

梅雨入り前だけど雨が多いこと。強風でノースポールが倒れることが多くなったので撤去。ルピナスの苗を植えるため土を耕そうとしたら、びっくりするほどたくさんの芽が出ているのを発見。

発芽していたのはノースポールのこぼれ種でした。

ノースポールを引っこ抜く際(種とりが面倒なので)種が落ちるよう思いっきり土の上でフリフリしていました(*´▽`*)

↑この行為がいけなかったのか?

まさか、2週間ちょっとでこんなに発芽するとは……。

▼6月下旬に発芽したノースポールのこぼれ種。

ノースポール こぼれ種 6月

ノースポールのこぼれ種、こんなに発芽しても育てられない。とりのぞくのは大変なので、土を耕し混ぜて発芽させないようにしたのですが、

▼さらに約2週間後、7月11日。こぼれ種が増えてるっ(*´▽`*)

一緒にジャーマンカモミールも発芽しているし。

最近の気温は福島南で、最高気温25℃前後、最低気温18℃くらいです。

ノースポールにとって発芽しやすい気温なのかもしれません。

寒冷地で標高も高く涼しいので、もしかしたらノースポールが夏越しできるかな。このままこぼれ種が全部育ったら大変なことになります。

7月後半のこぼれ種から育つノースポール

7月下旬。平年よりも4℃ほど高い福島。日中は35℃を超える日もあります。

そんなに暑いのに、こぼれ種のノースポール、びっくりするくらいスクスク育っています。昼間は30℃を超えても、夜は20℃前後に気温が低くなるからなのかな?

▼ルピナスの周り一面、全部ノースポールの発芽だらけです(中には雑草もありますが)

7月 ノースポール こぼれ種

これだけこぼれ種の発芽が良いと、今までの種まきの苦労はなんだったの?って気持ちになります。

小さな芽をとりのぞくのは大変なので、もうちょっと育ってきたらポット上げするか、とりのぞくか考えてみます。

こぼれ種は嬉しい反面、増えすぎも困るかもしれません。

こぼれ種で増えやすい花は、隣の家との境に植えないほうが良いですね。

その後、ノースポールのこぼれ種がどうなったか?また記事にしますね(*´▽`*)

人気ブログランキング
ぽちっと応援していただけると、飛び上がって喜びます(*´▽`*)

よろしくお願いいたします。