家庭菜園

寒冷地で種から育てるマイクロトマト①

コロナ禍ではまったガーデニング。何冊か本も購入して中でも、「はじめてのハーブ手入れと育て方 基礎の基礎からよくわかる」で紹介されていたマイクロトマト。

珍しくてかわいい。しかも簡単に育てられそう、と興味を持って種から育てることにしました。

マイクロトマトの種は、藤田種子株式会社で購入しました。

マイクロトマトはブルーベリーの実よりも小さいサイズで大きさは1センチ以下。ひと房に10~30個ほど実がなるんだとか。

日当たりの良い風通しの良い場所で、水を少なめに栽培するのがコツ。

ミニトマトよりも手がかからず育てることができるそう。

マイクロトマトの種の価格と大きさ

マイクロトマト 種

マイクロトマトの種の価格はちょっと高くて、30粒ほど入って550円。

通販なので送料がかかるので、他の種も何種類か買いました(*´▽`*)

マイクロトマトの種の大きさは、2ミリ弱ほど。小さすぎることなく大きすぎることなく種まきしやすいかも。

▼マイクロトマトの種です。3粒×2種まきしたので、40粒近く入っていました。

マイクロトマト 種

種を購入したのは真冬だったので(発芽率をさげないよう)種まきするまでジップロックに入れて、冷蔵庫の野菜室に保管しておきました。

マイクロトマトを室内で種まき

マイクロトマトの種まき時期は、3~5月。ここは福島南部。3月といっても朝は氷点下の日もあるので、室内で種まきすることに。

種まきした後は日当たりのよい窓辺においた無加温温室で管理。

マイクロトマト 種まき

藤田種子のマイクロトマトの発芽率は80%と、ちょっと高めですね(*´▽`*)

3月5日。最高気温3℃、最低気温-2℃。

マイクロトマトの種まきは3粒×2で6粒。アイスのカップに赤玉土(小粒)とピートモスを7:3で配合したものに種まき。種が少ないので発芽失敗することも考えて少なめに。

アイスのカップはふたができるので密封でき、適度に湿度を保てて便利です(*´▽`*)

マイクロトマト6日で発芽確認

まだかな~まだかな~と待っていること数日。マイクロトマトが種まき後6日で発芽しました。今日は寒いのですが、明日からはぐっと気温があがるので発芽も進むかな?

▼白っぽく小さく見えるのが発芽しているマイクロトマトです。

マイクロトマト 発芽

アップの画像がこちら。小さく発芽しているのがわかりますか?

マイクロトマト 発芽

種まき後10日~。ふた葉が出てきたマイクロトマト

3月15日。最高気温14℃、最低気温3℃。

先週にくらべてぐっと気温が上がり、すっかり春の陽気です。床暖房のスイッチもオフ。暖かくなってきて、ふた葉がでてきたマイクロトマト。芽が出てきてからの成長が早く感じます。

マイクロトマトの発芽率は100%。

▼水分が多いのか?日照不足なのか?ちょっと徒長気味なのが気になる。

マイクロトマト 双葉

マイクロトマトを少しだけ外に出す

3月19日。最高気温11℃、最低気温-1℃。

三連休初日。家にいる時間が増えたので、昼間の2時間ほどマイクロトマトを外に出すことに。このままうまく成長してくれることを願うばかり。

3月23日。最高気温7℃、最低気温-10℃。

がーん、やってしまいました。外に出したマイクロトマト。仕事から帰ってきて、外に出したままにしてしまい、なんと春先のありえない寒さでやられてしまいました。

マイクロトマト 枯れる

ありえないです。春先で-10℃なんて。

【リベンジ】マイクロトマトの種まき

今年は昨年に比べ寒さが続く福島です。寒暖差も激しくてなかなか気温が安定しないこと。マイクロトマトの種まきは3月から5月。

暖かくなる5月まで待とうか迷ったのですが、種まきが遅くなると今度は暑さでやられるのでは?と考え4月の上旬に種まきしました。

4月9日。最高気温20℃、最低気温5℃。

さすがに氷点下になることはないと思い、種まき後は外で管理することに。

マイクロトマト、種まき後2週間で発芽。ただ、寒暖差が激しくてなかなか発芽したものの大きくならない。

4月23日。最高気温23℃、最低気温8℃。

マイクロトマト 発芽
  • マイクロトマトは育苗ポット(7.5センチ)に種まき用の土を使用。
  • 発芽後、本葉が出てくるまでは半日陰で管理。(日差しがキツイ地域なので)

ちょっと早いが植え替えてみる

5月5日。最高気温23℃くらい。最低気温わかりません……。ごめんなさい記録忘れ。

ふた葉が少しずつ大きくなってきました。本葉が出るまで待とうか迷いつつ、フエルトプランターに市販の培養土を入れ植え替えしてみる。発芽後発育の良い1つの苗だけ植え替え)

植え替え マイクロトマト

植え替えしたのは、2年前に購入したフエルトプランター。フエルトプランターは通気性が良いから植物が良く育つこと。洗って何度でも使えるので便利です。

残りのマイクロトマトは、まだ育苗ポットの中。

育苗中 マイクロトマト

早く大きくなぁれ(*´▽`*)

マイクロトマトの栽培環境と育て方

福島県南部。マイクロトマトは室内で種まき、窓辺の無加温温室で管理。

その後間引きして、アイスカップひとつにつきひとつの苗にして室内で管理。室内で育てる苗と、鉢上げして外で管理する苗、とわけてみるつもり。

使用している用土は、赤玉土(小粒)7に対してピートモス3の割合です。今の時点では肥料は与えていません。

人気ブログランキング
ぽちっと応援していただけると、飛び上がって喜びます(*´▽`*)

よろしくお願いいたします。