SNS・人間関係

辛いなら無理にSNSをしなくてもいい。SNS断ちをして良かったこと3つ

Twitterにline。Twitterはアカウント削除。lineで繋がっているのは家族と親しい数人だけ。グループlineもそろっと抜ける(そろっと抜けても、みんなに抜けたことはバレバレだけど)嫌われたっていい。

Twitterは一時期、脳疲労でストレスためまくり、lineは必要以上に繋がらない。SNS断ちをして半年。

一時期は寂しいな、と思う気持ちもあったのですが、今はSNSと関わりのない生活が心地よくていい感じです。

SNSにはまっているときは中毒のようになって、自分が疲れているのかもわからなかった。

①夜熟睡できるようになった

SNSをやめた一番のメリットは、頭が疲れすぎないので夜ぐっすりと眠れるようになったこと。

頭も疲れないから、仕事で身体が疲れれば朝までぐっすり。寝てばかりの休日も亡くなりました。

SNS(Twitter)にはまっていた時は、絶えず睡眠不足な感じでした。夜熟睡できないので、昼間も眠くて仕事に影響があったり。夜中急に目が覚めたり(更年期のせいもあるかもしれないけれど)

朝も無理しなくても早起きできるようになったし、出勤3時間前には目が覚めて、家のことやワンコの世話に勉強。朝時間に余裕があるのでやりたいことがしっかりできるようになりました。

②自分のまわりの時間がゆっくり感じるように

画面を通しての世界じゃなく、自分の目でしっかり見た現実の世界。心に余裕ができたせいのなのか?自分の目でみた世界を大切にしようと思ったからなのか?

暇だからといってスマホのSNSアプリに時間を取られることもない。時間を奪われることもない。忙しいと思っていた時間が、ゆっくりゆっくり流れている感じです。

SNSに夢中なときはすぐに写真でした。すぐに写真をとらなきゃ、と焦ってばかりで。

今は見たこと、感じたことが新鮮でたまらない。ピンク、ブルー、オレンジとグラデーションの朝日をみて感動したり、庭で育てている花の香りや成長をみて元気をもらったり。

SNSばかりに時間をとられることがなくなったので、心に余裕ができたこと。心に余裕ができたので自分自身のことを考える時間が増えたこと。もともとHSPですぐキャパオーバーになってしまいます。余計なこと(やらなくていいこと)を減らしたおかげで、毎日が楽になりました。

コロナ禍で不安な世の中だけど。何か不安があっても、大丈夫と思えるようになったのも、心の余裕のおかげかもしれません。

③自分を大切にできるようになった

夜しっかり眠れて、朝の時間に余裕ができる。朝のスタートが心地よいと、一日良い気分で過ごせるんですね。

この心地よい気分が最高なので、このまま維持したい

今まではそんなに意識しなかったのですが、職場で愚痴ばかりこぼしてきたり、一緒にいて疲れるな?と思う人とは距離を置くことができるようになりました。結果マイナスエネルギーを放つ人が離れていってくれる。

今までだったら相手を不快にさせるなら自分さえ我慢すればいい。とストレスになる話を聞いて疲れ切ったりしていました(エナジーバンパイヤにエネルギーを吸い取られる)

人にされて嫌なことは嫌。できないことはできない。

と(義家族にも)はっきり言えるようになりました(*´▽`*)

今までは相手の意見に反抗せず、なんでもうんうん聞いていたせいもあること。この人ならなんでも言うことを聞いてくれると思われていたらしく、

一度反対の意見を言うと、相手がかなりびっくりするくらいです。おかげで余計なストレスが減りました。

こんなにすっきりするのなら、もっと早くから実行しておけばよかった。

さいごに

SNSにはまっていた時は、自分のことより他人のことばかり考えてストレス抱えて。他人と自分を比較なんてする必要ないのに、他人の良いところばかり見て落ち込んで。

ひとりで勝手にストレス抱えて悩んでいました。誰かに強制的にSNSをやらさせているわけでもない、辛いならやめたらいい。みんなやっているからって、誘われたからっていっても自分に合わないのならやる必要はない、そう感じます。

嫌いなものは嫌い、苦手なものは苦手でいい。

大切な私の人生だもん。一分一秒でさえ無駄にしたくない。仕事以外の時間は、本当に好きなこと、やりたいことのために使いたい。

余計なストレスで悩んだり落ち込んでいる時間はもったいない。

もしかしたら今日死んでしまうかもしれない、明日死んでしまうかもしれない。そう考えると、自分がやりたいことをやって死ぬ前に後悔したくない、そう思うのは私だけかな?

人気ブログランキング
ぽちっと応援していただけると、飛び上がって喜びます(*´▽`*)

よろしくお願いいたします。