ガーデニング

夏の蒸れとダンゴムシにやられてしまったプラティアの苗を復活させた方法!!

小さな小花が庭一面に広がったら、どんなに素敵なんだろう……。

と、庭のグランドカバーにしよう、と思ったプラティア(エクボソウ)の苗。

プラティアの苗を6月の下旬にネットで購入したものの、夏の蒸れで苗が弱ってしまい、庭に植え付けるとダンゴムシにやられてしまう。

さき
さき
ダメもとで弱まったプラティアの苗を植木鉢に植え替え、活力剤を与えたら苗が復活したので、その方法を紹介しますね。

プラティアの苗が蒸れで弱まってしまった理由

プラティア ブルー

雑草対策も兼ねて、庭をプラティアの花でいっぱいにしようと、楽天市場のGARDENS(ガーデンズ)で6ポットをお試し購入。

プラティアブルーの苗が届いたのが週の頭だったので、週末植えつけるまで放置していました。

  • 植えつけする週末まで数日放置
  • 配送されてきた段ボールのまま、玄関先においておいた
  • 毎日水は霧吹きであたえていた

東北だし家の中は涼しいし、段ボールのふたをとっておけば、箱のまま放置しても大丈夫だろう、という考えが甘かった。

この時6月でも気温は高く蒸し暑かったです。

届いてから、5日ほど放置してしまったプラティアブルーの苗。青々していたプラティアブルーの苗が、高温多湿の蒸れから枯れかかっています。特に右下2つのプラティアブルーの苗がだいぶ弱まっています。

プラティアブルー 蒸れ

6月下旬は蒸し暑い日が続いたので、4日ほどすると蒸れでプラティアの苗がとけかかっていました。

プラティアは高温多湿に弱いです。

プラティアは耐寒性は非常に強くても、夏の高温多湿の蒸れは苦手です。苗を買ってきてすぐに植え付けできないときは、風通しの良い場所に置いておくのが無難です。

プラティアはダンゴムシの被害に遭いやすい

このままじゃ、完全にプラティアの苗が蒸れでだめになってしまう、と急いで庭に植え付完了。

プラティア 植え付け

プラティアブルーの苗を庭に植えつけた際、苗は根腐れしている状態でした。

苗が届いてから必要以上に水をあたえすぎていたことが原因です。

毎日プラティアの苗の状態をチェックしていると、比較的元気だったプラティアの苗が、ダンゴムシにほとんど食べられてしまうという悲しい結末。

しかも、ナメクジもプラティアの苗の上に乗っていました。

うううっ(´;ω;`)ウゥゥ

ネットで調べてみると、ダンゴムシはプラティアのやわらかい葉が大好物らしいこと。同じようにプラティアの葉をダンゴムシに食べられてしまった方も多いようですね。

プラティアにダンゴムシを見つけてから、害虫対策としてベニカXスプレーを使いました。

プラティアの苗を植木鉢に植え替え活力液を与えてみる

プラティアブルーの苗を地植えしてから1週間後、6ポット購入したプラティアの苗を全滅させるわけにはいかないと、

蒸れて溶けかかっている苗を植木鉢に植え替えました。この時、プラティアブルーの苗は、根腐れしてほとんどなかったです。

プラティア 根腐れ

使用した活力剤は、ハイポネックスのリキダス。プラティアブルーを植え替えた際に1度、リキダスを1度与える。

ハイポネックスリキダスは水で薄めて使う植物用活力液のこと。

人間に例えると食事が肥料で、サプリメントが活力液に当てはまるとか。

植物用活力液

植えつけ時や植え替えの根の活力アップ、根の張りを良くしたいときに、

植物が暑さやバテ気味で元気がないときに使えます。

活力液のリキダスを1000倍に薄めて1週間ごと、弱まったプリティアブルーに与えました。

プラティアに活力液「リキダス」を与えて1週間の結果

プラティアブルーを植木鉢に植え替え1週間ほど経つと、弱まったプラティアブルーの苗から、小さな緑色の葉がたくさん出てきました(*´▽`*)

プラティアブルー 苗

弱まっていたのがプラティアの苗がこちらなので、だいぶ苗が元気になっているのがわかります。

プラティアブルー 苗

さらに3週間経つと、、、

小さなつぼみがたくさん出てきて、ブルーの花を次々に咲かせてくれます(*´▽`*)ランナーも伸びてきていますね。

プラティアブルー
さき
さき
苗がもうだめだ、と諦めないで良かった。

リキダスを与えて2週間後にプラティアブルーにつぼみがつく

2週間経つと、プラティアの苗から小さな葉がさらに増え、花のつぼみまで出てきました。

ここに、プラティアブルーの蕾ひとつと、

プラティアブルー 蒸れ

ここにも、プラティアブルーの蕾ひとつ(*´▽`*)

さき
さき
  小さな植物が頑張って成長している姿を見ると、なんだか嬉しくなりますね~。
プラティアブルー 苗

根腐れしていて、もうダメかな?とプラティアブルーの復活は半分無理かな?と感じていたけれど、だめもとで活力剤を与えて良かった。

ダンゴムシに葉をほとんど食べられてしまったプラティアブルーの苗も、ダメもとで植木鉢に植え替え活力剤のハイポネックスリキダスを与えていたら、小さな葉っぱがたくさん出てきました。

プラティア だんごむし

これから梅雨があけて日差しが増えると、さらにどんどんプラティアブルーの苗が成長しそうです。

さらに2週間経つとここまでプラティアブルーの苗が復活♪

さき
さき
諦めないでよかった♪小さな苗が頑張っている姿をみると、人間も元気をもらえますね
プラティアブルー

まとめ

プラティア(えくぼそう)は高温多湿に弱いので、梅雨時の植えつけは気をつける。

梅雨時をさけて植え付けるほうが無難かもしれません。

複数のプラティアの苗を購入したときは、苗が弱まった時のことを考えて植木鉢にも植え付けて置くと安心ですね。

ネットで購入した苗は、すぐに植え付けできない場合は、箱から出して風通しの良い場所に置くのが大切です。

今回、私がプラティアの苗を購入したのは、楽天市場のガーデンズです。

プラティアブルー 楽天 苗

配送も丁ねいで、手書きのメッセージがうれしかったです(*´▽`*)プラティアブルーは6ポットで送料無料というところも購入の決め手になりました。

GARDENS(ガーデンズ)

弱まったプラティアブルーに使った活力剤

今回プラティアブルーに使った活力剤は、ハイポネックスのリキダスです。ホームセンターだと450mlサイズで600円弱でした。

ネットで検索してみたらリキダスの800mlのサイズがあり、450mlサイズよりも割安でした。リキダスは花だけでなく、野菜にも使える活力剤なので1本あると便利ですね。

プラティアブルーは苗が弱い?

ネットでプラティアについて調べ見ると、プラティアの白に比べてブルーの方が苗が弱い?みたいな感想を見つけました。

プラティアは白とブルーとディープブルーがあるので、全種類育ててみるのも良いかもしれません。

↑リンク先は楽天です。

 

さき
さき
グランドカバーはプラティアのほかにも、リッピアや、ロンギカリウスタイムも植えつけています。他のグランドカバーの成長レポもブログで紹介しますね。
人気ブログランキング
ぽちっと応援していただけると、飛び上がって喜びます(*´▽`*)

よろしくお願いいたします。