浴槽滑り止め粘着シート「クリアデッキ」でお風呂のすべりどめ危険対策!!②

前の記事でも紹介した「あっ、危ない!!と思った瞬間にずるっ」と浴槽で足を滑らせないための危険対策グッズ「クリアデッキ」。浴槽の底に貼って、お風呂の転倒防止、滑り止めシート。

わが家の浴槽に貼って一日。

「クリアデッキ」の効果を試したい、と うずうずしていたのですが、粘着シートを張ってから24時間放置する、と取説に書いてあったので、じっと我慢。

貼った当日はお風呂もシャワーで済ませ、

次の日の夕方にやっと、浴槽にお湯をためてみました♪「クリアデッキ」は見た目が美しく、半透明でシートを貼った場所が目立たない、と聞いていたのですが、いざ、お湯を入れてみると、どこに貼ってあるのか全くわからないです。

指でさしているところに「クリアデッキ」が貼ってあります♪

子供に「クリアデッキ」の上に立たせてみると、「凹凸の部分が、ちょっとざらざらするけれど、別に嫌ではないよ~」と言っていました。

「クリアデッキ」が貼ってある部分と、貼っていない部分で、足を軽く滑らせてみると、違いは明らかにわかります。

当たり前なのですが、滑り止めシートが貼ってある方は、全く滑らないので感動♪

ちょっとだけ気になったのは、

わが家のお風呂は、浴槽の底の部分(排水の部分側)に、すべりどめの凹凸があったので、左半分の浴槽の底に這ったのですが、お尻にあたる部分は、ちょっとだけザラザラすること。(慣れてしまえば、違和感はなくなる程度のものなのですが)

使えるな、と思ったのは、

子供が学校と習い事、遊びから帰ってきて、お風呂の中で寝てしまうこと。仕事で疲れてお風呂の中で寝てしまう旦那さん、家事と仕事、子供の相手で疲れる私も、ごくたまにお風呂の中で寝てしまい、浴槽の中でお尻が「ずるっ」と滑っておぼれかけてしまった、なんて経験もあるので、クリアデッキがあれば大丈夫かな、と思っています。

「クリアデッキ」はお風呂の滑り止めとして、介護浴槽や、お子さんのお風呂の転倒防止グッズとして、これから暑くなり子供同士で「水風呂」に入ったりする場合も出てくので、「万が一」に備えて、すべり対策をしておけば安心です。

クリアデッキは床全般に貼れるので、さらに水濡れしやすい脱衣所に貼っておくのも良いかも知れません。

※クリアデッキが貼り付けできる場所は床全般。お風呂だけでなく、フローリングや、階段や手すり部分、ちょっと豪華な大理石でも、半透明で目立ちにくいので、外観をそこねず使用できそうです。

昔、私が学生の頃、祖父をわが家で預かることになり、母親が脱衣所、お風呂で祖父が転ばないように、と神経質になるくらい気を使っているのを思い出しました。

若い世代の私たちでも、お風呂ですべって怪我をしてしまうことがあるので、お年寄りの方、小さなお子さんがいらっしゃるご家庭では、十分すぎるくらい気をつけてもおかしくないと思います。