知らなかったじゃ遅い!!スマホが原因の事故で免停もありえる「ながら運転」の厳罰化!!

アドセンス
Pocket

令和元年12月1日から道路交通法が改正。スマホのながら運転を厳罰化。携帯電話使用等の罰則、および違反点数も上がります。

「知らなかった!」じゃ遅い、ながら運転の罰則の強化がどれだけ変わったのか調べてみました。

携帯電話使用等(交通の危機)

携帯電話の使用が事故の原因となった場合

罰則は、

改正前→罰則3か月以下の懲役または5万円以下の罰金

改正後→1年以下の懲役または30万円以下の罰金

違反点数は、

改正前→2点から、改正後→6点(免許停止)

反則金は、

改正前→大型車 1万2千円、普通車 9千円、二輪車 7千円、原付車 6千円

改正後→非反則行為となり、すべて罰則を適用

罰金が今までの6倍、違反点数は今までの3倍と、かなりのアップです。しかも、ながら運転が原因で事故を起こした場合は免停になってしまいます!

免許がなかったら仕事にも行けない、買い物にも行けない、子どもの送り迎えにも、病院にも行けない、生活の足がなくなってしまいます。

携帯電話使用等(保持)

携帯電話を手で持っていたり、画面を注視していた場合。スマホや携帯だけでなく、カーナビの画面に気を取られながら運転していた場合もアウトです。

罰則は、

改正前→5万円以下の罰金

改正後→6か月以下の懲役または10万円以下の罰金

違反点数は、

改正前→1点から、改正後→3点

反則金は、

改正前→大型車 7千円、普通車 6千円、二輪車 6千円、原付車 5千円

改正後→大型車 2万5千円、普通車 1万8千円、二輪車 1万5千円、原付車1万2千円

6か月以下の懲役または10万円以下の罰金…。ついうっかり、知らなかった、、、ではすみません。

信号待ちにスマホを触るのは?違反になるのか?

気になるのが信号待ちや渋滞で車が止まっている場合は違反になるのか?ということ。

法律上では車が停車しているときを除き、となっています。じゃ、信号待ちなら大丈夫なのなか、と思ったのですが、調べたところ信号待ちでも携帯を触っていて警察に捕まった例もあるようです。

携帯やカーナビを触るときは、安全な場所に停車してから。

3.改正道路交通法の条文(令和元年12月1日施行)
(運転者の遵守事項)
第七十一条 車両等の運転者は、次に掲げる事項を守らなければならない。
五の五 自動車又は原動機付自転車(以下この号において「自動車等」という。)を運転する場合においては、当該自動車等が停止しているときを除き、携帯電話用装置、自動車電話用装置その他の無線通話装置(その全部又は一部を手で保持しなければ送信及び受信のいずれをも行うことができないものに限る。第百十八条第一項第三号の二において「無線通話装置」という。)を通話(傷病者の救護又は公共の安全の維持のため当該自動車等の走行中に緊急やむを得ずに行うものを除く。同号において同じ。)のために使用し、又は当該自動車等に取り付けられ若しくは持ち込まれた画像表示用装置(道路運送車両法第四十一条第十六号若しくは第十七号又は第四十四条第十一号に規定する装置であるものを除く。第百十八条第一項第三号の二において同じ。)に表示された画像を注視しないこと。

警視庁 やめよう!運転中のスマートフォン・携帯電話等使用

まとめ

携帯やスマホ、カーナビは車を運転したら触らない。スマホや携帯はドライブモードにする。もう、車の運転をしたらスマホを触らない。スマホを膝の上に置くのも辞め、手の届かないところに置いておく、もしくはバッグにしまっておくのが無難です。

警察に捕まって、あの時ああすればよかった!!なんて思っても後の祭りです。

日ごろ車を運転していると、未だに通話しながら運転している車を見かけたり、前の車がふらふらしているな~、と思ってよく見たら、スマホで通話しながら運転していたってこと、あります。

前の車がフラフラ運転していて、急ブレーキをかけて自分の車が止まれず突っ込んでしまった、なんて思うとゾッとします。

警察も「ながら運転」の道路交通法の改正で、目を光らせています。

知らなかったではすまされない、ついうっかり、がないよう、十分に気を引き締めて安全運転を心掛けたいですね。