便利だけど使い方には気をつけて!!夫婦でのlineの使い方

アドセンス
Pocket

今はほとんどの人がスマホを持ち、lineやSNSでコミュニケーションをとっていると思います。コミュニケーションツールとして便利なline。夫婦でのlineの使い方で、ちょっと間違うと大変な事になってしまうこともあります。

夫とlineで喧嘩してしまった

仕事の関係で離れて暮らす夫とlineで毎日コミュニケーションをしている私です。手軽にメッセージを送れるlineは便利なツールです。

しかし、些細なことがきっかけでlineで夫と喧嘩をしてしまいました。

私がlineでちょっと調子にのったことをline言ってしまったのですが、(あまり深く考えずメッセージを送ってしまった。スタンプなし)夫は今までになく不機嫌な返信が。どうやら私が夫の地雷を踏んでしまったらしく、夫からのメッセージに固まってしまいました。

しかも、なんと返信してよいかわからなくなりました。(しかも顔が見えないから怖すぎる)

私が悪いのだから謝らなきゃならないのに、なんだか素直になれず…。もういいや、とlineで適当な答えをしてしまった私。

夫と一緒に住んでいるのなら、帰宅してから夫の様子もわかるのですが、離れて住んでいるので全く夫の様子がわからない…。

史上最悪の夫からのlineの返信に、最悪の事態の妄想が膨らんでいきます。(もう、このまま口を聞いてもらえないのか?家に帰ってきてはくれないのだろうか?どうしようと最悪の妄想だけが膨らみます)

lineをよく確認しないで送ってしまう

友達や兄弟とlineをするときは、送信する前にメッセージを確認するのに(誤解を招く言い回しはしていないか?)家族だと、ついなあなあになってしまうことがあります。

これくらいのメッセージ大丈夫でしょ?

みたいな感じで、思いつきでよく考えないでlineを送ってしまったり。あっ、しまった!!と後から後悔しても一度送信したメッセージは消せません。

lineやSNSは人の顔が見えないからこそ、言葉の言い回しに気をつける

実際に会って話すのなら、相手の表情や声のトーンなどで気持ちもわかります。しかしlineやSNSは人の顔が見えません。相手が今どんな状況でいるのか?どんな気持ちでいるのか?全くわからないこと。

こっちは悪気のない言葉を送ったつもりが、相手からするとそうではなかったり。別にイライラしているわけでも、怒っているわけでもないのに、メッセージがそっけなく冷たく感じられたり。

まとめ

相手の顔が見えないlineやSNSはメッセージの内容に気をつけること。送信する前に確認する。喧嘩になりそうだな、と思ったらlineのやりとりをやめる。感情的にならない。または直接話すこと。
友達や会社の同僚とのlineのやりとりも気をつけないといけませんが、もっと大切にしないといけないのは家族であること。
特に夫はかかせない大切な存在です。(仮に夫は普段いてもいなくても変わらない、なんて思っていたとしても、いざいなくなってしまったら大変です。夫がいるからこそ、今の生活が成り立っているそう強く思っています。

夫婦でlineで喧嘩した場合は、なるべく早く相手に謝ること。意地をはって時間が経てばたつほど関係が壊れる気がします。

昔、インターネットをはじめて使い始めたとき、夫に言われたことを思い出しました。

ネットは便利だけれど相手の顔が見えない。だから相手が傷つく言葉を送らない。ネットで発信する言葉遣いには気をつけること。

今回のことで痛いほどわかりました。

lineで喧嘩した次の日、私から謝り夫と仲直りしました。(夫も反省していました。どうやら体調不良でイライラしていたらしい)

仲直りできて本当に良かったです。みなさんもlineの使い方には気をつけてくださいね。