やせることばかり意識しない・ダイエットをやめたら体重が増えにくくなった話

アドセンス
Pocket

20代からついこの間まで、ダイエットのことが頭から離れませんでした。ダイエットシェイクや置き換えダイエット、ダイエットサプリなど、ダイエットグッズなど、あらゆるものを試してきたのですが、頑張って一時的にやせても体重は、すぐに戻ってしまう。

太ってはやせての繰り返し…

40代後半だし、やせすぎると逆に老けて見えると思う。少しぽっちゃりしたっていいじゃない?とダイエットを意識することを辞めました。

半年くらい好きなものを食べていた、その結果…

ここ半年くらい、好きなものを食べて(甘いものも)月に1、2回は外食もしていたし、お昼にラーメンを食べに行ったり、たまにはマックでチョコパイ食べたり、月に何度かは揚げ物も食べていました。

体重を計るのもやめました。

レストランのランチブッフェにも行っていました。

先日、好きなものばかり食べているし、さぞかし体重も増えているんだろう、と体重を計ったら、自分が思うほど体重が増えてなくてびっくり。( ゚Д゚)

標準体重の範囲です。一時期は60キロの大台に乗りかかっていた時もありました。

ダイエットしていた時と違うのはストレスがないこと

ダイエットしていたときは、ストレスが半端なかったです。お腹が空いていなくても、イライラして何か口にしていないと我慢できない。毎日甘いものを食べていたり。今と一緒でお昼を食べなかったり、お昼と夕食が一緒になってしまい、食事の回数が減ってもやせなかった

ストレスの原因は、仕事や人間関係、子育てのこと。中高年になるといろいろ悩みも増えます。

全くやせないので、新しいダイエット食品やダイエットグッズが出るたびに手を出して、結局ほとんど効果がなくてお金の無駄遣い…。もったいないです。

今は必要以上に悩むのをやめ、今の自分ができることをしています。

夕飯はしっかり食べる。あとの食事はお腹と相談

平日は基本的に朝はゆで卵だけ(2つくらい)、お昼はお腹が空いていれば、軽く食べる。お腹が空いていなければ食べない。夕食は好きなものを食べる。職場で10時と15時におやつも食べています。

休みの日は朝からパンを食べたり、お昼は家族と一緒に外食。夕飯も食べる。

40代後半になると1日3食食べるのは辛い。もちろん、お腹が空いていれば食事はしますが、お腹が空いていないのに無理に食べることもなくなりました^^

今実践していることは、

  • 無理にやりたくないことをやらない
  • 良い人をやめる
  • 自分が楽しいと思うことをする
  • 一日の中でリラックスできる時間を作る
  • 仕事のオンとオフをはっきりさせる

やせたいと思うことに意識を向けない、健康になる努力をする、これだけです。

まとめ

ストレスが減って太りにくくなったことを考えると、ダイエットにはストレスは大敵だと思いました。

少しくらいぽっちゃりしていても、(健康診断で太りすぎでひっかかっているのはまずいですが)魅力的だと思います。常にダイエットのことばかり考えて、好きな食べ物を我慢してストレスためていたらもったいないです。

以上、やせることばかり意識しない・ダイエットをやめたら体重が増えにくくなった話でした。