そろそろ50代、人生のラストに向けて購入したシンプルエンディングノート!②

まだまだ気持ちは20代、、、なんて言っているうちに私も40代後半。あと数年で50代に突入してしまいます。ここ数年の親しい人達の死を経験して、今は元気でもいつ死んでしまうかわからないし、残された家族のためにとエンディングノートを購入、先日届きました♪

▼メール便で届きました。

購入したエンディングノートは、楽天市場の挨拶状 はがき 印刷 帰蝶堂で購入しました。

実際に届いた「エンディングノート」はどんな感じだったのか?

届いたエンディングノートを開いてみると、子どもが生まれたときに記入した、成長記録のような感じがしました。最初のページに自分のことを記すところがあり、自分の写真を貼ることができ、終活といいながらも簡易的な自分史ができます♪

▼35ページほどの簡易的なエンディングノートです。

ぱっと見た感じは、薄っぺらで付録のようなノートと思ったのですが、実際に記入すると今までの自分の歴史を振り返りながら記入するので、思ったよりも記入するのに時間がかかりそうです。

エンディングノートのところどころに可愛いイラストが描かれていて心が和みます♪

ハッピーライフエンディングノートの内容、記入しやすさは?

老眼で細かい字が苦手、というだけあり、シンプルで項目の字も大きく読みやすく記入しやすく感じました。エンディングノートは今回購入するのがはじめてなので、練習のつもりでつけてみるにはちょうどいい、と思いました。

まずは自分のことと、家族へのメッセージから。しかし、実際に記入しはじめてみると、3時間たってもなかなか項目が埋まらない。地道に少しずつ埋めていこうと思います。

どんな記入項目があるのか?

数個の項目別に分かれていて、1つ目は自分のことについてや、親戚や知人の連絡先、大切な人へのメッセージを書くことができるようになっています。

健康や医療について・財産や年金、かたみわけや遺言書について・パソコン関係の退会方法や関係リスト・葬儀について記入できるようになっています。

各項目にはメモ欄がついているので、補足の情報を書き足したりすることもできます。記入項目が少ないのでは?と思ったのですが、記入する上で項目が足りない場合は、メモ欄に書き足せばいいので、より細かい内容でエンディングノートを残しておきたい、と思わないのであれば、十分な内容だと思いました。

どんな人が「ハッピーライフエンディングノート」に向いているのか?

文字が大きくわかりやすいこと。記入内容も細かすぎることがないので(記入する欄も小さすぎることがないので)エンディングノート購入初心者の方や、高齢者の方でもストレスなく記入することができると思います。

  • 60代、70代の方で簡単なエンディングノートを探している方
  • 高齢のご両親向けのエンディングノートを探している方
  • 主婦の方で簡単に記入できるエンディングノートを探している方

などに向いている終活のためのエンディングノートだと思います。

30代、40代の方でも、人生の折り返し地点として、今までの自分の生き方を振り返るために、一冊きちんとエンディングノートを作っておくのもいいのではないか?と思います。

まとめと感想

「ハッピーライフ エンディングノート」最初見たときは900円ほどで、内容も薄すぎるのではないか?と思ったのですが、記入しはじめると飽きっぽい私は、複雑すぎず簡単な内容で必要事項を記入しやすい、と思いました。

はじめてエンディングノートを購入したので、他社のエンディングノートと比較することができないのでなんとも言えませんが、購入して良かった♪と思います。

簡易的なので、忙しい毎日の中でも、少しずつ記入することができるから

エンディングノートは、仕事をやめて家にいる時間が長いのなら、時間もありゆっくり記入できると思いますが、内容が細かすぎたりすると、ついつい記入するのが億劫になりがちです。(現代人は文字を書くということから遠ざかっているので…)

終活として、人生を振り返る手段として、高齢のご両親のプレゼントとして、エンディングノートを利用することで、もしもの時に必ず役に立つと思います。

今回私がエンディングノートを購入したのは、楽天市場の挨拶状 はがき 印刷 帰蝶堂です。

楽天でもっとエンディングノートを探してみる

アマゾンでもっとエンディングノートを探してみる

スポンサーリンク
アドセンス