40代後半そろそろ終活!!もしものためにエンディングノートを買ってみた!!①

ここ数年、義弟やいとこ、それに両親と自分にとってかけがいのない人が他界しました。いとこは私と年齢もあまり変わらないので、早すぎる死の知らせに言葉が出なかったくらいです。両親も立て続けに病気で亡くなったこと。

まだまだ私の周りでは、他界する人はいない、と信じていたのですが、身近な人の死を何度も経験して、人はいつ死ぬかわからない。私ももしかしたら明日生きている保証なんてない!!と思うようになりました。

自分がいつ死ぬか、何があるかわからないから、今のうちに用意しておきたいエンディングノート

もし自分に何かあったとき、家族は家のことが分からなくて困るのではないか?お金のことや私自身のこともそう。

私の希望は海洋散骨

冗談で子どもたちに、「お母さんが死んだら、絶対にお墓に入れないでよね。海に散骨してくれないと化けてでてくるからね。」なんて言っているくらい…。

お墓に入れるのがいいと思うけれど、お墓の管理のことを考えると、子どもたちに負担をかけたくない。希望は海洋散骨して欲しい、と思います。(最近ではテレビの影響もあり、海洋散骨を選択されている方も増えているのだとか。)

ただ海に骨をまいてね、だけじゃなく、専門の業者さんまで調べておけば安心だと思います。

今年は災害が多い年だし、人間いつ死ぬかわからない…

家族のためだけでなく、自分のためにも、家のこと私自身のこと(飲んでいる薬や病気のこと)お金の管理やブログの管理など、パソコン以外にしっかりと記録して置くことが大切なのでは?と気がつきました。

前から欲しかったエンディングノートを買ってみました♪

楽天市場で見つけたエンディングノート。レビュー評価が高かったこと、内容もわかりやすく記入しやすそうでした。

ハッピーライフ エンディングノート 1冊 送料無料 定形外郵便郵便 代引は不可 B5 サイズ 送料込 送料込み もしもの時 記録 終活 終活ノート メッセージ ノート ポイント消化

2冊組、3冊組もあるので、ご夫婦でエンディングノートをつけたり、ご両親用にプレゼントするのもありですね^^

私の両親がなくなったときも、わからないことが多すぎて大変でした。生前、頭がしっかりしているうちから、いろいろ聞いておきたかったことも多々あります。

年齢と共に物忘れも多くなってくるので、元気なうちからエンディングノートを用意することで、自分も安心だし家族も安心だと思います。

by カエレバ

エンディングノートを書くことで今までの人生を振り返ることができること。毎日を大切に生きなきゃ、と思うことができること。今こうして生きていることに感謝することができること。

これからの人生を大切に過ごすことができるのでは?と思っています。

エンディングノートが届いたら、内容や使いやすさなど詳しくレビューします♪

スポンサーリンク
アドセンス



アドセンス



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス