10年近く放置したIHクッキングヒーターの黒こげをとってみた!!

IHクッキングヒーターのトッププレートの汚れが今まで以上に気になってきたのは最近のこと。いつか掃除しよう、掃除しようと思っている間に10年間。私が留守の間に、子どもや夫が料理するからなのか?料理したあとのふき取り掃除をしっかりしていなかったのか?

今の世の中、男でも料理できるようになるべし、と料理を進んでやらせていたが、

子どもたちが汚したのか?人のせいにしている私…。

使い始めてから10年近く経ったIHクッキングヒーターのトッププレートの黒こげは、とってもひどいものでクッキングヒーターの中央の火力の文字と、クッキングヒーターの熱源の部分(丸く円がかかれてあるも見えないくらい)も、真っ黒い焦げつきでおおわれていました。この黒こげは簡単には取れないものだと思っていました。

しかし、努力すれば焦げは落ちるんですね^^

写真をとるのを忘れていましたが、おととい掃除する前のIHトッププレートは、なんでこんなに黒くなるまで放置したの?と言うくらい真っ黒でした。

▼一昨日2時間ほどかけて、掃除したIHクッキングヒーター今日の状態…。

スチームクリーナーと粉末のクレンザーとアルミホイルで汚れ落としを頑張ったのですが、まだまだIHの汚れが残っています。

▼右側のクッキングヒーターもまだまだ焦げ付きがあります。

おととい検索して調べたのは、IH 焦げ落とし方法、IHクッキングヒーター 焦げとり方法、など…。IHクッキングヒーターの焦げおとしは重曹を使ったものやクレンザーやアルミホイル、ラップなどで焦げ付きをとる方法がありました。

粉末のクレンザーとアルミホイル

おととい、まず試してみたのは、家にあった粉末のクレンザーとアルミホイルです。粉末のクレンザーを焦げ付いた場所にぱらぱらと振りかけて、くしゃっと丸めたアルミホイルに軽く水をつけて、ひたすら磨く!!

▼家にあったステンレスの圧力鍋用のクレンザーです。

心配だったのがアルミホイルで磨いてしまったら、IHクッキングヒーターのトッププレートに傷がつくのでは?と思いました。

▼アルミホイルをくしゃくしゃっと丸めて使います。

アルミホイルとクレンザーでIHクッキングヒーターの焦げをとる方法は、クッキングヒーターの取説にお手入れ方法してのっています。今日はじめて知ったぞ…。

(※IHクッキングヒーターの種類によっては傷がつく場合があるかもしれません。最初から強い力でこすらない、目立たない場所で試してからやってみてください。)

無心になってIHの焦げ付きをアルミホイルで磨いていると、クレンザーの泡がどんどん茶色になってきました。でも、10年間も放置した黒こげはそう簡単には取れてくれません…。

スチームクリーナーとアルミホイル

6、7年ほど前?に購入したシャークのスチームチームクリーナーがあったので使ってみました。

IHのトッププレートについている黒焦げ部分が厚く固くなっていたので、スチームをかけることによって取れやすくなるのでは?と思い試してみました。

黒焦げを厚く蓄積するほどためこんでしまったので、スチームクリーナーを使って簡単にとれる!!ということはなかったのです。(残念ながら…)それでも、スチームクリーナーを使うことにより今までの半分の労力で焦げ付きがとれるという感じでした。

クリームクレンザーとアルミホイル

家にあった粉末クレンザーよりも、クリームタイプのクレンザー(業務スーパーで買ってきました)のほうが焦げつきがとれるか?と試してみました。

▼レモンエキス配合に意味はありません。においもスッキリというキャッチフレーズに惹かれただけ…。

汚れ部分にクレンザーをかけて、

アルミホイルと少量の水をつけて磨きます。

結果はクリームクレンザーよりも粉末のクレンザーのほうが焦げ付きが取れるのが楽に感じました。

アルミホイルと粉末クレンザーが一番と、真剣にIHの黒焦げと格闘!!黒焦げとりにかかった時間2時間。おとといも2時間ほど黒焦げとりをしているので、今日の時間と合わせて4時間。黒焦げここまでの時間が長いか短いか?

▼だいぶキレイになりました^^中央の文字も、クッキングヒーターの円の線もしっかり見えています♪

クレンザーとラップも試してみた

ラップでも焦げ付きがとれる、というので試してみました。ラップはアルミホイルに比べて焦げをとる力は弱いのですが、汚れはそれなりに取れます。

普段からまめにラップとクレンザーで掃除していれば、IHのトッププレートもキレイさを保てそうです。

もっと簡単にIHの焦げをとるには?

IHクッキングヒーターの焦げつきは、汚れがどんどん蓄積していくと落としにくい、、、と言うことが分かりました。

IHの黒こげをとりたいけれど、そんなに時間をかけられないよ、と言う方は、専用の焦げ落としを使う、という選択肢もあります。

楽天で見つけました♪レビュー評価も高く、簡単に焦げとりができそうです^^

こげとりぱっとビカ(300g)オーブンや鍋についた頑固な焦げも塗るだけ簡単♪

こげとりぱっとビカ、焦げがあるところに塗ってラップをして数時間放置するだけで焦げがとれるらしいのだとか。ずぼらな私でも無理なく使えそうだ。値段もそこまで高くない。お金をかけないのも素敵だけど、IHのトッププレートの焦げとりに使った時間を考えると、焦げとりの時間が節約できて重宝しそう。

そういえば我が家で使っているIH用のフライパンの底の外側が真っ黒でした。こげとりパットビカには興味があるので、近いうちに購入して試してみたいと思います^^

また、その時はしっかりレビューします。

塗ってラップをして数時間置くだけで焦げが簡単に取れる?こげとり。とても興味があります^^

by カエレバ

スポンサーリンク
アドセンス