過去に4年ほど使ったワイモバイルを楽天モバイルに乗り換えたのが1年ほど前の話。楽天モバイル生活が快適なので、ワイモバイルのことは、すっかり忘れていました。そんなとき届くはずのない1通のハガキが私のもとに。ワイモバイルのカスタマーセンターの対応に怒りマックス!!激しい精神ダメージを受けていたのですが、なんとか精神状態が戻ったので今回あったことを記事にしてみました。

今回のワイモバイルの解約であったことをざっくりまとめてみると、

1年ほど前にワイモバイルを解約、楽天モバイルに変えた際、ワイモバイル(ウィルコム時代)にキャンペーンで機種代0円、基本料0円で、タダだからと勧められるまま持ち始めた子ども用のケータイ(PHS)が解約できずにいたことで料金発生していた。(子ども用のPHSは最初の1年間使っただけで、ほとんど使っていなかった)

ワイモバイルから楽天モバイルに変えた際、すべて契約しているものは解約できた!と思い込んでいたこと。

 

▼今回のワイモバイルが解約できていなかった、と気がついたのがこちらのハガキ。

なにこれ、信じられないと固まってしまいました。

 

ワイモバイルケータイプラン?なんのこと?ワイモバイルなら1年前に解約したはずなのに。解約してからの毎月の利用明細も届いてない。

 

ワイモバイルのカスタマーセンターに電話した

イライラマックスでワイモバイルのカスタマーセンターに電話。しかも通話料有料ときたもんだ。苦情があって電話するのに、またお金をとる、このことにもイライラする。それに電話がなかなかつながらない。5分ほど待ち、やっとカスタマーセンターに電話がつながりました。

 

私 「ワイモバイルの契約のことで電話したのですが、解約したはずのワイモバイルから契約更新のハガキが届いているので、今現在どのような状況になっているのか教えてください。」

カスタマーセンター 「どのような内容のハガキですか?」

私 「ケータイプランの更新について、と来ているのですが?」

カスタマーセンター 「ワイモバイルの携帯番号を教えていただいてもよろしいですか?」

私「携帯は使っていないのでわかりません。下4桁の番号ならハガキに書いてあります。」

カスタマーセンター 「お客様のお名前と住所、電話番号を伺ってもよろしいですか?」

 

調べてから連絡すると、自宅の電話を切り数分。ワイモバイルから電話がありました。

 

カスタマーセンター「今回のハガキはお客様のPHSの料金の更新の案内です。」

私「おかしいですよ。1年前にワイモバイルを解約したはずなのですが?」

カスタマーセンター「う~ん。考えられることは、お客様はウィルコム時代に家族の携帯をお持ちではありませんでしたか?解約した際は、お客様自身のスマホの解約手続きのみで、家族の方の携帯は解約なさらずにいたのかと、それでお客様自身のスマホを解約した事で、基本料0円の家族の方の携帯の金額が発生しているのかと?」

私「はい?なんですかそれ、ワイモバイルを解約したとき、携帯のことは何一つ聞かれませんでしたよ。普通ワイモバイルを解約すると言えば、すべてのサービスを解約できると思いますよね?」

 

と、普段ならおとなしい私も、ワイモバイルの対応にイライラしてきました。

話を聞いてみると、ウィルコム時代の知識を持っている人と、ワイモバイルの知識しかもっていない人がいるから、わからないとかなんとか。会社が合併しようと、消費者からすると使っているサービスは同じ。そのサービスを使って金額が発生している以上、販売者側が知らなかったでは済まされないのではないだろうか?

 

カスタマーセンター「少々お待ちください。担当の者に確認してみます。」

カスタマーセンター 「担当の者に確認したところ、解約の際、携帯については何も聞かれなかったので解約手続きをしなかったとのことです。」

私「…。」

私「そんなのおかしくないですか?納得いきません。」

 

私にもネットのクレジット明細を確認していなかった、という落ち度はあります。ワイモバイルを解約してから毎月の使用料のハガキも来ていなかったこと。私の場合、1年で気が付いたから良かったもの、これが数年放置してあったら、家族の携帯が数台あったら、とんでもないことになっていたのでは、と思いました。

 

私「わかりました。では、解約するにはどうしたらいいのですか?」

カスタマーセンター「お近くのワイモバイルショップに来店なさって、解約手続きをしていただくのがよろしいかと?」

私「わかりました。」

 

カスタマーセンターのお姉さんは悪くないのに、イライラをぶつけてしまってごめんなさい。ワイモバイルに何度も電話して思うのですが、いつも責任のなすりつけあいです。

 

 

消費者センターに電話相談してみた

このまま泣き寝入りは嫌なので、地元の消費者センターに電話連絡してみました。消費者センターに相談って、何か責められることでも言われるのか?とドキドキしていましたが、実際に電話相談してみると、相談に乗ってくれた女性の方はとても親切でした。

今回のことを話してみると、個人情報が絡んでくるので、消費者センターからワイモバイルに問い合わせするのは難しいと言われました。

今回の私の場合は、ウィルコム時代に契約していた携帯があること。家族の携帯の解約手続きは別になっている場合があるので、発生した料金は支払わなければならないこと。ただ、ワイモバイル解約の際に、他の加入しているものに対して何も聞かれなかったのは、ワイモバイル側にも問題があるのでは?と言われました。クレジット明細を確認しなかった私にも落ち度があります。

もう、諦めるしかないのか、と思うととても悔しいのですが…

とりあえず、ワイモバイルの契約書を探してみて、家族携帯の解約について調べてみること。(私の場合は、ワイモバイル解約と同時に破棄してしまった可能性が高い)今までの携帯の料金発生について、ワイモバイル側に文書を発行してもらうこと、とアドバイスをいただきました。

ワイモバイルの携帯は来月から1か月の間なら解約料がかからないので、解約手続きに行ってくる際、ショップでも今回の件について話してくるつもりです。

消費者センターに相談しても何も変わらなくても、今回の件は相談内容として履歴に残ります。

 

まとめ

ただより怖いものはない。

うん。まさにそれ。

携帯を変える際、キャンペーンだから、0円だから持っているだけでお金がかからないから、と必要のないものまで契約しないこと。使わないオプションもいついつまでに解約すれば0円だからと加入しないこと。相手の罠にはまります。契約書は面倒でもすみずみまで読むこと。

ワイモバイルではなくウィルコム時代にキャンペーンで0円だからと家族のPHSなど持たされた方など、ワイモバイルを解約する際には、ほかに自分が加入しているサービスがあるか必ず確認すること。解約した後、身に覚えのない請求がくるかもしれません。ワイモバイルのカスタマーセンターに連絡しても、聞かれなかったから対処しなかった、など信じられないことを言われる可能性があるかもしれません。

解約する際には、加入した際の契約書をチェック。他に使っているサービスはないか、タダだからもらったものの放置してある商品はないか確認したほうが良いです。特に加入したのが数年前の場合は、当初いらないものまで契約した商品があるかもしれません。(今回私も、子どもの携帯のことはすっかり忘れていました)

契約書は必ず取っておくこと。

クレジットの明細は必ずチェックすること。特にペーパーレス(封書として送られてくる紙の明細書ではなく、ネットで確認できる利用明細書は必ずチェックすること!!

ワイモバイルのカスタマーセンターに電話したのは、今2度目はワイバイル解約の際、3度目は今回。ワイモバイルのカスタマーセンターに電話して思うのは、3回とも対応が悪いこと。すべて上から目線に感じました。解約の際は、他社のデメリットを上げるなど、解約させないようにする魂胆が見え見えでしつこく感じました。

私がネットのクレジット明細をチェックしなかった、という落ち度があるので、これも勉強と思うことにします。

 

ただ、これだけは言えます、今後何があっても、ワイモバイルだけは使わないぞ、と。心に決めています。

 



スポンサーリンク