40代働き盛り、まだまだ死ねない…

私の年齢は40代後半、子どもはまだ中学生と高校生、まだまだ子どもたちにお金はかかること。子どもたちが成人するまでは簡単には死ねません…。持病の喘息はあっても、健康管理には注意しているのですが、最近急に肩が痛くなったり、腕や手が痛くなることがありました。何か病気の前触れではないか?と思うと、心配でたまらないことも多々あります。

両親ともに脳梗塞になったのですが、母親が物事を忘れっぽくなったりしておかしいな?と思ったのは50代になってから。母は会社の健康診断も受けていたし、健康に良いと思ったもの(健康食品)は試していました。健康に気をつけていたので、母が脳梗塞になったと聞いたときは、信じられませんでした。

血液検査で将来の脳梗塞・心筋梗塞の発症リスクを予測できる方法って?

先日、ネットで血液検査で将来の脳梗塞や心筋梗塞の発症リスクを予測する血液検査があると知りました。将来の脳梗塞・心筋梗塞の発症リスクを予測する血液検査

LOX-indexという独自のバイオマーカーで将来の脳梗塞・心筋梗塞の発症リスクを予測する血液検査で、医師の診断と検査で12,500円。個人的に価格が高い、と思ったのですが、将来脳梗塞や心筋梗塞になり健康な日常生活が送れなくなってしまうこと、働けなくなってしまうことを考えたら手軽な値段なのでは?と思いました。

40代後半になり自分の老後のことや健康のことが気になるようになってきました。職場で10代、20代の自分よりも若い世代の人と働いているので、自分も若いつもりでいたのですが、確実に年をとったな、と感じることがあります。

両親ともに脳梗塞にかかったこと。40代のいとこが数人病気で亡くなったり、持病を抱えている人が多いこと。昨年、一昨年と両親の死を経験したこともあり、死を身近に感じるようになりました。

将来の脳梗塞・心筋梗塞の発症リスクを予測する血液検査は、無料相談もできる

ネットから問い合わせ、申し込みすると、検査をうける医療機関の場所や日にちなど決めるようです。職場の近くの医療機関で検査をしたい、●●駅のそばの医療機関で検査をしたいなど希望があれば聞いてもらえるようです。検査に関する気になることがある方はサイトの無料相談や、サイト上でメッセージを送れば不明な点も教えてもらえるようです。

普段、健康診断を受けていない主婦の方や
身体を資本に頑張っている方、職人の方など
普段から忙しくて自分の身体のことは後回しにしている方など

特に喫煙している方や、太り気味の方、運動嫌いな方、塩分や糖分を過剰にとっている方など、自分の健康に投資するつもりで、検査を受けてみるのが良いのでは、と思います。

将来の脳梗塞・心筋梗塞の発症リスクを予測する血液検査の詳細はこちら



スポンサーリンク