部屋の雰囲気が快適になる♪山善そよ風メイド購入4年目の感想…

オシャレな洋風のたてすが欲しくて購入したのが、山善洋風たてすそよ風メイドです。そよ風メイドを購入してから4年目になりました。

1週間ほど前、子どもに手伝ってもらって、そよ風メイドを組み立てました。

もう、そよ風メイドは我が家にはなくてはならない存在です。

201606soyokazemeido2

山善(YAMAZEN) ガーデンマスター 洋風たてすそよ風メイド テスリン3連(幅200) グリーン Y-2020T(GR)

そよかぜメイドを使った4年の感想

■汚れは簡単に落ちる

4年経ってもくたびれることなく、耐久性もあると思います。たてすの生地の部分は汚れたら水拭きすると汚れが簡単に落ちます。

■たてすの組み立てが面倒

倉庫に余裕がある収納スペースがある家なら、たてすに通してあるポールを外さず保管しておけばいいのですが、収納スペースがない家だと、たてすからポールを外してばらさなくてはなりません。

たてすからポールを外すのも場所をとるし、ポールとたてすの生地を止めているネジを外してしまうのも面倒に感じます。若い方ならいいのですが、年配の方だとたてすの組み立てが面倒に感じるかもしれません。

■たてすが大きい、重い

そよ風メイドはたてすが大きい、重いというデメリットがあるんですが、たてすの生地も厚くしっかりしていること。昼間なら、そよ風メイドがあると外から家の中の様子が見えることがないので、レースのカーテンを開けっぱなしにでき部屋が広く感じます。

私はそよ風メイドを使う季節、6月から8月の季節が一番好きです♪部屋が広く感じられるし、レースのカーテンを閉めなくてもいいから部屋が明るく見えます。

201606soyokazemeido1

あと、そよ風メイドを4年使った気になるところは強風の強いときは気をつけなければいけないこと。風が強くふく度たてすの上の部分のポールが窓枠にパタパタと当たる音が気になります。我が家はたてすの両端の部分を固定してあるので、よっぽどの強風でなければ、たてすが倒れることもないのです。

たてすを固定しておくことは重要なポイントだと思います。

過去にたてすを固定していなかったとき、たてすが何回か倒れたてすの生地の上の部分に通してある棒が折れてしまったことがあります。

出かけていた最中に風が強く吹いて帰ってくると、たてすが倒れてた、なんてことは過去に何度かありました。

雨の日でも出しっぱなしにしておくと、脚の部分の金具がさびてしまうこと。

▼気になるといえば気になるけれど、脚の部分なので普段見えないので忘れてしまうほどです。

201606soyokazemeido3

脚の部分の金具がさびたのは、そよかぜメイドを購入した年に、物置にしまわず家の屋根がある壁のところに出しっぱなしにしておいたことも原因かもしれません…。

出しっぱなしにしておいても、たてす本体の部分はさびることもなく問題ないのですが、気になる方は雨の日はたてすをよけておいたほうがいいと思います。

洋風たてそよかぜメイドは大きくて、しかも女性だとたてすをたてに三つ折りにして移動するのに重く感じるかもしれません。

私は移動するのが面倒なので、出しっぱなしにしてあるのですが…。

デメリットばかりあげてしまいましたが、4年使ってもへたれ感もないです。山善そよ風メイドは値段はちょっと高いけれど、購入して良かった♪と思える商品です。

そよ風メイドがあるのと、ないのでは部屋の涼しさ快適さが違います。

そよ風メイドの過去レビュー記事です。購入時から紹介してあるので参考にしていただけたら幸いです。

今年もこれから2か月ほど、洋風たてすで日よけと冷房費節約に、洋風たてすが活躍してくれると思います。

スポンサーリンク
アドセンス



アドセンス



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス