ベランダ菜園にぴったり「G-story フエルトプランター」で楽々夏野菜作り!!

アドセンス

今年の夏は一戸建ての2階のベランダで、多種類の夏野菜を作ることを決意♪

狭いベランダに土を運んで苗を植えるのは場所が狭くて不可能。庭で野菜を作るのと違って2階のベランダに土を入れて持ち運ぶので、プランターが持ちやすく、軽くてコンパクトなものはないかしら、、、

とネットで検索して見つけたのが、「ジーストーリーのフエルトプランター」

ずっと「こんなの欲しかった♪」と思っていたと感動してしまった、簡単で使いやすいプランターです。

なんていったって、敷石がいらない♪見た目がオシャレだし、ベランダで根菜類も作れる^^初めてのベランダ菜園に熱が入ってしまいそう。

「ジーストーリーのフエルトプランター」見た目はまるでエコバッグのようですが、サイズもS(20L)、M(27L)、L(35L)と揃っていて、お値段も手ごろ。手作りなので若干サイズに誤差があるようです。

持ち手の縫製部分もしっかり。頑丈に縫い付けられています。

★Sサイズは、ホウレンソウやネギなどの葉野菜、ジャガイモなどの実野菜の栽培に。

★Mサイズは、トマト、ナスなどの栽培にちょうどいいサイズ。

★Lサイズは、ダイコンやニンジン、サツマイモなどの根菜類も育てられます。

左の画像がSサイズで、右がMサイズ。

SとMサイズを購入したのですが、 想像以上に大きく、生地もしっかりしています。

(厚めのフエルト生地です)

実際に野菜の植え付けをしてみました

2階のベランダが狭いのので、実際に玄関先でMサイズの「フエルトプランター」に土を入れて野菜の苗を植えてみました。想像以上に土が入るのにびっくり。

Mサイズの「フエルトプランター」3つと、Sサイズの「フエルトプランター」2つに40Lの野菜の土×2つ以上、

「スコップですくっても、なかなかいっぱいにならない」しまいには野菜の土の袋を持ち上げてプランターに均等に入れました。

実際に野菜を植え付け持ち運ぶとき「フエルトプランター」の素材が柔らかいので、持ち手部分の耐久性、プランターの中の土が崩れるのではないか?と心配。軽めの土を入れたこと、プランターの7分目までしか土を入れなかったので、持ち運ぶときにプランターの内側の部分に隙間ができたくらいで土が崩れることはなかったです。

軽くて持ちやすく、小学生低学年の子供でも2階まで楽々♪

土を入れて苗を植えるだけだから野菜の植えつけも簡単♪実際に玄関で土を入れて苗を植えて、2階のベランダに運んでみましたが、四角の野菜のプランターに比べ形が丸く、階段を上るときも幅をとらないこと。

小学生低学年の息子でも、野菜の苗を植えたフエルトプランターを持って階段を上り、らくらく2階まで運べました。

水遣りの際に下から泥が漏れないが心配でしたが、フエルト製で繊維のおかげで、水をあげてもプランターの底から泥が出ることもなくベランダが汚れないこと。(キレイに掃除したベランダが汚れず安心^^)

画像左から、きゅうり、ミニトマト、

ナスに、ペピーノです。

「フエルトプランター」はMサイズを使用。

フエルトプランターの気になる点は??

ただ一つ心配だったのが、フエルト素材のため、寒冷地で使うときは凍害の恐れがあること。使用期間は約1年から2年というところ。梅雨の時期に毎日濡れても大丈夫だろうか、

真夏の日差しで生地が傷まないか、も気になるところ。

フエルト生地なので、ベランダ菜園用のプランターとしての耐久性はわかりませんが、通販で値段も手ごろなので消耗品として考えてもお財布に優しいと思っています。

私はヤフーショッピングで購入したのですが、アマゾンの方が価格が若干安かったです。

ベランダ菜園用の野菜の植え付けには、SUNBELLEX とっても軽ーい花と野菜の培養土 40Lを使いました。軽くて使いやすい土です。