【家の前の雑草対策に】雑草に熱湯をかけたら枯れるか試してみた!!

この季節、家の周りの雑草って気になりますよね。こまめに抜いても、抜いても生えてくるし。今までは時間を見つけてこまめに雑草を抜いていたけれど、さすがに面倒…。

子どもの事や自分の事で、なかなか草むしりまでに時間をとられたくない。

そんなとき、ネットで見つけたのが雑草対策に熱湯をかける方法です。

早速試してみました^^

気になるのは、家の前の排水溝の溝にある雑草

一番気になるのが、排水溝の溝の所にある雑草です。雑草が1センチもないんじゃないかな、と思う溝のところに生えてくるんですよね。

zassou2

これくらいの雑草だし、気にしなければそのまま放置、でもいいんだけど、一度気になりだすとたまらなく引っ抜きたくなる。

zassou1

今までは、かまで掘り出して手で引っこ抜いていたんですが、これが結構面倒。

やかんでお湯を沸かし、雑草に熱湯をかけてみた

雑草にお湯をかけると、青菜をゆでたときのように葉っぱの緑が鮮やかになります。雑草をそのまま放置していると、だんだんと葉が茶色く変わってきました。

やかんでお湯を沸かして、雑草にお湯をかける。一見地味に見える行為なんですが、結構はまります♪

雑草に熱湯をかけるのが楽しくて、ついついどばっとお湯をかけたら、自分の足にお湯がかかりそうで危険でした。(熱湯をかけるときに、誤って自分の足にかけないように注意してくださいね)

雑草は数時間で枯れ始め、次の日には見事に枯れた

朝の仕事に行く前に雑草に熱湯をかけ、数時間後家に帰ってくると、雑草は枯れていました。

さらに次の日、(雑草にお湯をかけた24時間後)家の前をチェックしてみると、まるで除草剤をまいたように茶色く枯れていました。

写真を撮るのを忘れたけれど、これはタンポポの葉っぱです。青々として元気だったのが嘘のように枯れています。

zassou2-1

枯葉が落ちているだけに見えるけれど、これも雑草です。見事に枯れました。

zassou2-2

雑草が枯れてしまうと、溝の所から引っこ抜くのも簡単でした。

zassou2-3

かまをつかって雑草を掘り出さなくても簡単に抜けます。

雑草に熱湯をかけるデメリット

思ったより、お湯をたくさん使うこと。雑草にお湯をかけるのは、雑草にかるくかけるだけでは効果がないので、結構お湯を使います。

やかんで沸かせるお湯の量は限られているので、数回お湯をわかし雑草にかける、というのが面倒です。

キッチンでお湯を沸かして、家の外に出て、という作業が面倒に感じる人もいるかもしれません。

で、雑草対策に熱湯を使った感想は、正直どうなのか?

やかんで熱湯をかける、という作業は一見面倒です。それでも、除草剤を使わなくても雑草を枯らすことができる、というのは節約にもつながるし、環境にもやさしいので嬉しく感じます^^

これからも、面倒な雑草対策として、続けようと思います。

私は梅雨の天気の悪い日に雑草に熱湯をかけたのですが、天気の良い日に雑草に熱湯をかけるほうが効率が良いと思います。

広範囲の除草には向かないと思いますが、狭い範囲の除草なら熱湯をかけるだけでも十分だと思います。


スポンサーリンク
アドセンス



アドセンス



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス