コンタクト着用の40代、手元が見えにくいこれって老眼?どうしたらいい?

アドセンス

40代になって変わったことと言えば、視力の低下です。

もともと視力は高校生の頃から悪くて、20歳過ぎて車の運転免許を取得するときからずっとコンタクト着用しています。

一年ほど前からスマホなどの小さな文字が見えにくくなり気になっていました。普段家で過ごす分にはいいけれど、困るのは仕事でのこと。

スマホの小さな字も、コンタクトを外すと見えるけど、コンタクトをすると見えにくいこと多々あり。

夕方になると目が疲れて小さな文字が見えなくなって、かなりストレスを感じてました。

眼科で視力検査をしてきた

視力の低下か、それとも老眼か、仕事での影響もあるので眼科で視力を調べてもらうことにしました。

結果は視力の低下でコンタクトの度があっていなかったこと。両目の度数をひとつずつ上げるとクリアと思えるほどしっかりと見えました。

うん、これなら手元も見えるはず?と思い、度数をあげたまま、「試しにこれを見てください」小さな字が書かれた紙を渡され見てみると、

あれっ、お姉さん、みえません。

視力検査のお姉さん曰く、近視で老眼があると、コンタクトの度数をあげることで近くが見えにくくなるんだとか。

遠くは少し見えにくくなるけれど、度数を下げることで手元は見えやすくなるんだそうです。

それで、両目の度数を下げてみると、

うん、さっきよりも手元の小さな字がハッキリ見えます♪

解決策としては、

・度数を下げることで遠くは見えにくくなるが、手元は見えやすくなる方法

・度数は下げることなく、近くのモノをみるには老眼鏡を使う方法(コンタクトをいれたまま)

・遠近両用のメガネをかける方法

眼科の先生の話によると、メガネのほうがコンタクトよりも手元が見えやすいと聞きました。

結局どうしたか?

遠近両用のメガネは慣れるまでに時間がかかると聞きました。

遠近両用のコンタクトもあるんですが、値段が高いこと。

老眼鏡をかけるのはどうしても抵抗があったので、コンタクトの度数を下げ(両目で1.0)て、手元を良く見えるようにしました。

▼眼科でコンタクトを購入しました
20150619kontakuto

コンタクト代と診察料と合わせて6000円ちょっとでした。本当は処方箋だけもらって、通販で購入しようと思ったんですが、処方箋をもらえませんでした。

目の負担を考えて、メガネも使うことにした

そのほかの解決策として、今までメガネを持っていなかったので、家ではなるべくメガネにしよう♪とメガネを作りました。

眼鏡はJINSのアウトレットで作ったんですが、レンズ代込で4000円ちょっとで作ることができました。

眼鏡をかけるのは、10年ぶりぐらい。コンタクトと同じ度数にしても、手元の小さな字がハッキリ見えます♪ほんと気持ちいいぐらいに…。

一緒にメガネを作った旦那は、遠近両用のレンズとして+5000円払って一万円ちょっとで老眼対策のメガネを作ることができました。良かったです♪

今回お金はかかったけれど、大切な自分の瞳を守ることができて良かったと思います。

これからはコンタクト&メガネライフも楽しもうと思う私です。

※2019年10月追記

この記事を書いてから5年。老眼は進んでいるとは思わないのですが、コンタクトを辞めて眼鏡のみにしています。

持っている眼鏡は全部で3本。

  • 車を運転用の矯正視力1.2の眼鏡
  • 普段の生活に矯正視力が0.6ほどの眼鏡
  • 中近両用の眼鏡

全部JINSで作りました。仕事で細かい作業をするときは眼鏡をしないほうがよく見えます。中近両用の眼鏡は確かに手元が良く見えるのですが、慣れるまでに時間がかかります。

【DHC ルティン光対策 30日分】を買ってみた

眼鏡をはずしたほうが手元が良く見えるのは、まだ老眼がそこまで進んでいないのかもしれません。しかし、仕事上眼鏡なしでも目がとても疲れます。

眼の疲れに何か対策はないのか?と調べていたら、DHCのルティン光対策がいいのでは?と思い購入することにしました。購入者のレビューを見ても、ルティンの含有率を決めてに購入したり、スマホやPCなどを仕事で使う人が飲んでいるみたいです。

DHCの目のための健康食品を比べてみても、ルティン光対策は中高年のくっきりにも◎だし、スマホやPCを使うことも多い人にも◎。

  • 光刺激から眼を守る
  • パソコン、スマホのブルーライトに
  • 眼の調子を整える

しかも機能性表示食品なので、飲んでみたいと思います。

【機能性表示食品】とは、事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品のことです。販売前に安全性や機能性の根拠に関する情報などを消費者庁長官に届け、受付けられると「機能性表示食品」として販売することができます。ただし、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官の個別の許可を受けたものではありません。

DHC公式オンラインショップ ルテイン 光対策 30日分【機能性表示食品】

DHCのルティン光対策30日分は、しかも1日1粒飲むだけだし、1か月飲んでも1000円ほどとお財布にもやさしいこと。定期コースだとさらに安くなるみたいですね。

▼DHC公式サイト▼

ルテイン 光対策 30日分【機能性表示食品】