小学校入学で机を買わないママに教えてあげたい♪リビング学習グッズ!!

先日、仙台で行われた東北アフィリエイト勉強交流会で、ベルメゾンさんが展示していたリビング学習グッズを紹介して、あっ、これいいな♪と思う商品を見つけました^^

それがこちら、どこでも自習室です。

今は小学校入学時に机を買わない親御さんが増えていて、リビングでお子さんと一緒に学習するパターンが多いんだそうです。

賃貸のアパート暮らしで、お子さんの学習机を置くスペースがない、もしくは転勤族なので、家具を増やしたくない。きょうだいが多いので、1人1人机を置くスペースがない、という方に、どこでも自習室は、あったら便利そうですよね。

小学生の子どもがいる母親として、いいなぁ、欲しいなぁ♪と素直に思ったのが、どこでも自習室です^^

どこでも自習室が良いな♪と思ったポイント 3つ

親の目のそばで、子どもが宿題をすることができる。

しかも学習に必要なものが、すっぽりと収納できる。

コンパクトに収納できて、持ち運びもできる。

リビングテーブルの上に置いて使えるところ。囲いがあるので、お子さんが集中して勉強できる。これっていいよね♪

もっと早くに知っておきたかったわ、と思ったくらいです^^

しかも、えんぴつなどの筆記用具とか、プリントやドリルなど、収納する場所もあるからものがバラバラになったり探したりすることがないです。

↓クリップもついているからプリントもはさめるし、右側の黄色の棒みたいなものは、マグネットになっています。

ribingudesuku1

ドリルや教科書は、左側のポケットに入ります。

子どもが宿題をやっていると、宿題のプリント類がごちゃごちゃになったり、漢字のドリルがなくなったりするところが良くあるんですよね。

「さっきやったプリントどこにやったの?」

「そこにおいたもん。」

「探してみて、見つからないよ!!」

と、我が家では、宿題タイムがイライラタイムにと変わることがしょっちゅうあります。

学校から帰ってきて疲れて宿題をしていると、探すだけでも疲れてしまって学習能力が下がったり…。親もイライラしたりして(汗…

ポケットには教科書やドリルが入るから、リビングの上も散らからないし、

ribingudesuku2

痒いところまで手が届く感じです。ベルメゾンネットさんの開発力ってすごいです。

個人的にいいな♪使える♪と思ったのが、ココ。えんぴつやはさみなどの収納スペースです。

リビングで宿題をさせていると、子どもが自分の筆箱からえんぴつを出すのが面倒になることが多いんです。それで、いつも私の仕事用の鉛筆を使ってしまいます。

私がえんぴつを使うときにない!!と、イライラすることも多いんです。

リビングの目に見えるところに鉛筆を置いておくのも、あまり好きじゃないし…。

学習セットとして、筆記用具もしっかり収納できるスペースがあるから、余計な神経を使わず、集中して宿題ができる♪って感じです。

鉛筆立ては取り外しもできるし、その横には、なんと30センチの定規が入るみたいですよ。

ribingudesuku7

どこでも自習室は、学習机よりもすぐれているんじゃないかっ、と思う私です。

2人の子どもが小学校低学年のときから使っていれば、今よりも、もっと、もっと成績がアップしたかも、、、ということさえ思ってしまいます。

収納は、ぱたん、ぱたん、と簡単にコンパクトにまとまって、マジックテープでとめて完成♪

ribingudesuku3

コンパクトにたためるし、お子さんが2人きょうだい、3人きょうだいの場合でも、まとめて収納しても場所をとらないし、

ribingudesuku6

筆記用具やプリント類が、ごちゃごちゃにならずに収納できるのは、ママのストレスも削減されると思います^^

あっ、それともうひとつ、どこでも自習室は、バッグのように取っ手もついているので、夏休みにおばあちゃんや、おじいちゃんの家に遊びに行くときも持参できるのがいいかも。

プリント類も、細かい筆記用具も一緒に持っていくことができるから、筆箱を持っていくことなく、便利そうです^^

小学校に入学するときはお金がかかる

幼稚園から小学校に入学するときは、体操着や鍵盤ハーモニカやら、ランドセル、絵の具セットやお道具箱に入れる、クーピーや色鉛筆やら、細かいものを買ったり。

入学式に着るスーツや、幼稚園と違って学校に着ていく洋服も、靴もある程度揃えないといけないし、

それに机やベッドまで買っていたら、親も大変です。(しかも春先は税金の支払いも一気にやってくるし)

学習机は小学校入学のときに買わなくても、中学校に入り本格的に勉強するようになってからでも遅くはないし、

無駄なお金を使うことなく、その分お子さんのためにお金をしっかり貯めておくほうが賢い、と思います。

ランドセルがリビングに収納できる嬉しいグッズ♪

どこでも自習室と、一緒に紹介したかったのが、ランドセルや教科書をリビングに収納できる、コンパクトランドセルラックです。

子ども部屋に置いてもいいし、小学校低学年のうちは、ランドセルも教科書もリビングに置いておくことで、いつでも勉強できるし、

親が管理することで、物がなくなったりすることも防げそうな気がします。

コンパクトランドセルラックは、ダイニングテーブルのカラーに合わせて、ホワイト、木目調のナチュラル、ダークブラウンがあるみたいです。

「宿題をする時間だよ」と言ったとき、子ども部屋に行かなくても、すっと教科書とノートを出して勉強できるのは楽に感じます。

特にわが家は男の子が2人いるので、学校から家に帰ってきた後、ランドセルをなかなか自分の部屋に持っていきません…。リビングに自分のランドセルを収納できるスペースがあったら、片づけも便利だし、親も子もお互いにストレスがたまらない気がします。

わが家ではリビングの隅の棚に毎日使う辞書やえんぴつを置いてあるんですが、意外と辞書類って場所をとるんですよね。コンパクトランドセルラックなら、キャスターがついているから移動も楽々だし、フローリングも傷つきにくそう。子どもが使わなくなったら、ママのレシピ本や趣味の本、バッグや小物を収納するのに使えそうだなぁ、と思いました。

どこでも自習室は、おばあちゃん、おじいちゃんから、お孫さんへの入学のプレゼントにしても喜ばれそうですね。

紹介したベルメゾンネットのリビング学習グッズ

>> コンパクトランドセルラック

>> どこでも自習室


スポンサーリンク
アドセンス



アドセンス



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス