「山善 洋風たてす そよ風メイド」通販購入してから3年目突入♪率直な感想…

tayesu2014-1

2年前に夏の日よけ対策と節電対策、外からの目線を遮るため欲しい、、、と購入した

「山善 洋風経てす そよ風メイド」

ちなみに山善 洋風たてす そよ風メイド 購入後すぐのレビューはこちらです♪

今年はゴールデンウイークから暑くなったので、倉庫から洋風たてすを取り出し組み立てて使いました。

tayesu2014-1

ひとりでたてすを組み立てたので、組み立て時間は20分から30分ほど。たてすの生地にポールを通してから、ポールを伸ばし、たてすの上下の部分をネジで生地とポールをしっかり締めつけて、正直ちょっとめんどくさいな~、(たてすを組み立てるのが)なんて思うのが正直な気持ちですが、

たてすが組み立て終わり、しっかりと窓に設置すると、窓をがらっと開け、網戸にしても部屋の中に すう~っ と心地よい風が通りなんとも言えない気持ちです^^

山善洋風たてす 使用後3年目でここが気になった…

気になる点その1 たてすの上の部分の細いポールが折れた…

昨年の終わりから気になったのが、たてすの上下に入っている細いポールの部分です。

わが家の場合、風が吹く事があるので(特に夜間や外出時など…)たてすの上の部分に入っている細いポールが折れてしまいました…。

たてすを固定するまで、窓に立てかけておいただけだったので、風でたてすが飛ばされポール部分が弱くなっていたみたいです…。

細いポールが折れたといっても、もともとたてすの生地が厚みがありしっかりしているので、たてすがうまく立たない、上の部分が極端に変形するってことはないです…。

この状態では、たてすの高さを調節する下のネジの部分が低くなってます。

山善洋風たてす ポール部分

わが家の場合は家の窓が大きく、たてすの高さがギリギリなので、ちょっとたてすの上の部分が折れ曲がっているが気になるかな~、と思うくらいで、それほど気にはならないです。。。

ちょっとだけ気になる点 その2 たてすの足元のネジ部分がさびてきた

雨の日たてすを濡れないように外しておく、と取扱説明書にはあった気がしたんですが、我が家の場合は、晴れても、雨が降っても、たてすは外に置いたまま…。

雨ざらしにしたせいもあるかもしれないけど、たてすのポールの下の部分(ネジでたてすの高さ調節する部分)がさびてきました。

山善 洋風たてす 脚部分

実際にはあまり目に触れるところではないし、気にはならないんですが、長持ちさせようとするなら、雨の日はたてすを外して濡れないところに移動させる。

くらいの管理が必要だと思います。

すこ~しだけ気になる点 3 たてすの生地の汚れ…

雨の日もたてすを出しっぱなしにしておくと、濡れた部分に土がついて汚れます。

ワンシーズンが終わった後、きれいに中性洗剤で拭けば汚れは取れるんですが、我が家の場合は、昨年汚れをぞうきんでさっ、とふいただけでしまってしまいました。

(汚れは落ちないわけではないんですが、時間がたつにつれて力を入れて拭かないと落ちないように感じました。)

今年たてすを組み立てるときに、バケツに中性洗剤を薄めていれて汚れをふいたら、バケツの中が真っ黒…。(意外と汚れがついています。)

たてすの生地が厚く、手入れが面倒に感じるんですが、シーズンが終わった後、レジャーシートを広げた上で、薄めた洗剤と雑巾でキレイにふき取る

すると次のシーズンの気持ち良く使えると思います。

山善洋風たてすを2年まるまる使って、3年目に突入した今でも、ポールのさびは多少あるものの、生地は購入時のまま、日差しによる傷みもないし長持ちしそうです^^

山善の洋風たてすは、組み立てと取扱いが多少面倒かな、と思う点もあるんですが、

午後の日差しが暑い時間になっても、網戸だけにしても外から視線をしっかりとさえぎることができること。

(部屋の中からは外の様子がしっかり見えても、日中なら部屋の中は全く見えません…)

窓のレースのカーテンをあけておくことができるので、部屋が広く見え解放感があること。

値段はちょっと高いな~、という気もするんですが、安いたてすを購入してすぐにダメにするよりも、長く使えて節電対策にもなる、オシャレな洋風たてすだと思います。

※ちょっとショックだったのが、折れたと言った、たてすの上の部分の細いポールの部分のこと。折れたポールを取り出して、交換出来たらいいな♪と思っていました。しかし、ポールの入っている部分がしっかりと縫い付けられていて、交換できない仕様になっているみたいで、少しだけ残念に感じました。

>> 洋風 たてす オシャレを楽天で探す

>> 洋風 たてす オシャレをアマゾンで探す