【2014年ゴーヤ栽培日記】ゴーヤがすくすくと成長してきたので、そろそろ摘芯の時期です…

ゴーヤ栽培開始

わが家で今年も育てることになった、ほろにがくんというゴーヤの苗。

プランターに植え付けて数日は成長する兆しがなかったのですが、ここ数日雨と暑さの影響で、ぐんぐんと大きくなってきました。
そろそろ摘芯の時期です…。

ゴーヤは親ヅルの先端を摘芯することで、実がなりやすい子ヅルが伸びてきます。さらに子ヅルを摘芯すると孫ヅルが伸びてきて、さらに実がなりやすくなるそうです。昨年も子ヅル、孫ヅルからたくさんのゴーヤの実がなりました^^

ゴーヤを摘芯する時期はいつがいいの?

ゴーヤの摘芯をする時期は、ゴーヤの苗が買ってきたときの大きさよりも2倍くらいになってから、寒い時期に植え付けた場合は、すぐに摘芯しないほうが良いそうです。

ネットでゴーヤの摘芯する時期を調べていたら、本葉が5枚くらいになったら摘芯する。と説明してあるサイトもあったのですが、

ゴーヤの苗がしっかりと育たないうち(ゴーヤが勢いよく成長していないとき)に摘芯をしてしまうと、苗が育たない、、、という例もあるそうです。

今回育てることになったわが家のゴーヤも、植え付けて1週間ほどで本葉が5枚ほどになったのですが、雨が降り寒い日が続いていたので、暑くなるのを待ちました。

すくすくとゴーヤの苗が成長してきたので、摘芯することにしました^^

↓こちらがプランターに植え付けてすぐのゴーヤ。

ゴーヤ栽培開始

こちらがプランターに植え付けて2週間のゴーヤです^^

ツルもぐんぐん伸びて、すくすくと成長しているのがわかります。

ゴーヤ2週間

いよいよ摘芯です。

勢いよく、元気よく育っているゴーヤの芽を摘むのはかわいそうだけど、これもたくさん実をつけるための作業です。

○印の部分をハサミでチョキンと、切ります。

ゴーヤ摘芯

切り落としたゴーヤの芽です。

ゴーヤ摘芯後

勢いよく出てきた芽をカットして、ちょっとさみしい気もするけれど、子ヅルが出てくるのを首を長くして待ちます。

摘芯後のゴーヤ

次のゴーヤの摘芯は、ゴーヤのネットからはみ出るようになってから。子ヅルを摘芯することで、さらに実をつけやすい孫ヅルが伸びてきます。

昨年は孫ヅルからたくさんのゴーヤの実が収穫できました^^

梅雨が明けてすくすくと成長するゴーヤが楽しみです。今年は何本のゴーヤが収穫できるかな?

次回のゴーヤ日記に続く…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする