はじめてでも簡単に作れた♪さっぱりとした味の「おいなりさん」

oinarisan5

子どもの運動会にはじめて作って好評だった「おいなりさん」
揚げから味付けして煮込んで作ってみたんですが、思ったよりも簡単でした♪

oinarisan5

おいなりさんって、手間がかかって面倒で大変!!と思っていたけれど、我が家のレパートリーのひとつになりそうです。

今回参考にしたレシピは、クックパッドの「おいなりさんレシピ」
コチラです♪

一度レシピ通り作って、ちょっとだけ自分なりに配合を変えてみました。

揚げの中から煮汁がじゅわ~♪さっぱり味のどこか懐かしい味のおいなりさん

今回作ったのは、揚げ10枚で、20個分のおいなりさん

1、揚げは箸でコロコロと転がして、(袋状に広げやすいようにするため)半分に切る。

2、鍋にお湯を沸かし、半分に切った揚げを数分煮る。

油抜きをすることで、この後に味付けする調味料がしみ込みやすいそうです。

3、油抜きした揚げは水洗いして、余分な油と水気をしっかりきる。

4、鍋に調味料(水300CC、しょうゆ大さじ5、砂糖大さじ6、みりん大匙2、酒大さじ2)をいれた中に、油抜きした③の揚げを入れて、煮汁が少なくなるまで弱火で落し蓋をして弱火でコトコトと煮る。

oinarisan1

※油揚げは味付けして一晩おいたほうが味がしみるかな?と思ったんですが、一晩おいても、煮込んで冷ましてすぐに作ったおいなりさんでも、味は変わらなかったです…。

5、お米2.5合を固めに炊き、炊き上がったら合わせ酢(酢100CC、砂糖大さじ2、塩小さじ1/3を混ぜ合わせ、冷ましながら寿司飯を作る。

oinarisan2

oinarisan3出来上がった寿司飯は、あぶら揚げに入れやすいように、握っておくとサクサクとおいなりさんが作ります♪

※寿司飯を握るときは、お水を手につけると寿司飯が水っぽっくなってしまうので、酢に砂糖少量を入れたものを混ぜて、手につけて握るといい感じです^^

↓ラップをしいたお皿の上に、すし飯を等分にして握ります。

oinarisan4

6、等分した寿司飯を、煮汁をきった揚げの中に入れて出来上がりです^^

oinarisan6

おいなりさんは出来立てよりも、数時間おいて味付けした油揚げが寿司飯と馴染んだ頃がとっても美味しく感じました。

おいなりさんの油揚げは味付けしたものも売っていますが、自分で味付けしても簡単にできます♪

わが家は5枚入り(55円)の業務スーパーの揚げを使ったので、とっても安上がりにおいなりさんが出来上がりました。

子どもたちの運動会やお弁当、節約料理としても「おいなりさん」が登場しそうです。

わが家では砂糖は三温糖を使いました。普段から上白糖は使っていないので、、、

三温糖の代わりに黒糖を使っても、コクのあるおいなりさんになりそうですね^^

黒糖でおいなりさんを作ったら、またブログで紹介しますね。

もっと簡単においなりさんを作りたい♪という方は、味付けのおいなりさんの油揚げが売っているみたいですね。

こちらのおいなりさんの油揚げは、楽天でも人気の商品みたいです。業務用だし、お得に感じますね^^