雑記

毎日の生活で特にストレスを感じて落ち込むときと、その対処法は?

今の世の中はストレスを感じやすい時代ですよね。ひと昔前に比べて、人とのコミュニケーションが減ったこと。

子どもはゲームやパソコンに夢中で、大人はインターネットを通じて、メールやSNSやチャットなど、直接人と会わないでも人間関係ができてしまう。

便利だな、と思う世の中でも、人恋しくなったり、一昔前の昭和の時代に戻りたいと思う私です。


PhoTones Works #384 / PhoTones_TAKUMA

私が特にストレスを感じて落ち込むとき、

ついつい他のお母さんと自分を比較してしまう

外で元気にバリバリ働いているお母さんを見たとき。外で働けない自分に引け目を感じてしまうこと。家にいる自分が嫌いじゃないけれど、バシッとスーツで決めて働いているお母さんをみると、つい自分が劣っていると感じて落ち込んでしまいます。

 

反対から見れば、

外で働くお母さんからしてみれば、家にいて子どもに「ただいま」と言ってあげたり、手作りのおやつを作ってあげられる余裕のある母親は羨ましい、と思われているかもしれません。

 

・隣の芝生が青く見える

よそはよそ、うちはうち。と子どもには言い聞かせているけれど、ママ友の優しそうな旦那さんや、親戚付き合いがうまくいっている友達を見ると、羨ましくなります。

外から見れば、

うちも羨ましがられていると思うのですが、落ち込むときはついついないものねだりをしてしまいます。私がみているのは、その人の一面だけ。うまくいくように見えても、辛いことや我慢していることがあるかもしれないのに…。

 

・出来る、と思ったことがスムーズにいかないとき

カラダの調子が悪くて、スムーズに仕事ができないとき。洗濯や掃除、ついつい疲れて横になってしまって、気が付いたらお昼前。

動けない、怠けいるんじゃないか?という自分がイヤになり、そこまで責めなくてもいいんじゃないか、と思うくらい自己嫌悪します。

落ち着いて考えれば、

健康な人だって、調子の悪いときや物事がうまくいかないときもある。すべて自分が悪いわけではない。

イライラして落ち込むと、なんで自分がストレスを感じているのか、わからないのですが、落ち着いて考えてみると、

前日寝るのが遅くなったり、数日自分の体力の限界を超えて動いていた。生理前で疲れやすいのに、カラダに負担をかけるような事をしていた。

と、落ち込んでいる原因がわかるようになりました。

 

外で働いているときと違って、専業主婦で家にいると、無駄遣いしたり、自分の好きな物を買ったりすることを、しらずしらずのうちにセーブしてしまっています。

家にいて家事と子どもの世話をしているのだから、たまには自分にご褒美をあげたり、1人になってリラックスしたり、好きな音楽を聴いたり。自分が心地よい、と感じる事をしてストレスをためないように生活していきたいですね。

主婦でもたまには、1人でお気に入りのカフェでコーヒーを飲んだり、頑張るだけじゃなく、心を解放してあげる時間も必要なんじゃないかな、と感じます。


KURUMINOKI Dessert / photoantenna

<第22弾>沈んだ気分が続いたら飲むサプリ【ヌースマインド】1ヶ月分プレゼント! ←参加中


人気ブログランキング
ぽちっと応援していただけると、飛び上がって喜びます(*´▽`*)

よろしくお願いいたします。