あえて冷めてから食べてみたい♪もっちりとしたお米のツヤと香りを楽しむ「九州産のヒノヒカリ益城米」③

過去記事で何度か紹介している、モニターとしてお試しさせていただいている、九州熊本の良菜健暮(りょうさいけんぼ)さんのお米。3回にわたって紹介してきました。

今回はお寿司屋さんも買いつけにくる、と聞いた「九州産のヒノヒカリ・益城米」を食べてみました。
益城米

今回お試しした九州産のお米の中でも、益城米は最高ランクです♪ヒノヒカリという品種は、九州ではコシヒカリ、ひとめぼれに続いて人気の品種なんだそうです。

九州産 ヒノヒカリ

ヒノヒカリ「益城米」を実際に炊飯してみた感想は、炊き立てが阿蘇山田米良菜健暮米と比べると変わりないです。

風味ツヤは良いのですが、違いがわかりませんでした…

九州産 お米 ヒノヒカリ

炊き立てはもちろん、つやがあり、あっさりとしたお米なんですが、

益城米 炊き立て

冷めてみるとお米の美味しい美味しさが分かるって感じなんです^^

あえて冷めてから食べてみたいお米

普段食べてる格安米は、冷めてもそれなりに食べられるんですが、益城米は、冷めてもお米のひとつぶ、ひとつぶがベタベタとくっつかないこと。

冷めることでもっちり感とコクがアップして美味しい♪♪

益城米

炊き立てから1時間ほど冷めたときよりも、6時間ほどおいて冷めてから食べたほうがおいしいんです。本当のお米の美味しさは冷めてからわかる、と聞きますが、益城米はまさにその通り…

益城米をお寿司屋さんが買いつけにくる、と聞いたのですが、理由がわかったような気がします。

ご飯がさめてからも、もっちりしていて、お寿司のネタを引き立ててくれる感じがすること。家庭だったら、五目御飯や、ちらしずしなどに合いそうです。

ヒノヒカリは水加減をきっちりしてなくても美味しく炊けるというので、炊き込みご飯に使ってみてもいいかなぁ、と感じました。

益城米(ヒノヒカリ)は、旦那さんのお弁当のごはんや、お子さんのお弁当のご飯として、幼稚園のお子さんのお弁当のご飯として、

お米の味にこだわりを持つ方や、お米の価格は高くても、本当に美味しいお米を探している方に食べてもらいたい、そう思いました。

今回ご紹介した、良菜健暮(りょうさいけんぼ)さんの通販サイトは、良菜健暮米、阿蘇山田米、益城米以外にも生産者のわかる安全な美味しいお米を販売しています。

一年ほど前に、野菜のお試しセットを食べてみたことがあったのですが、新鮮なみずみずしい野菜は家族にも大好評で、とっても美味しかったです♪

親しい人にそっと教えてあげたい、そんな通販サイトです^^

※2017年5月13日追記
良菜健暮の通販サイトは閉鎖されたようです。

放射能検査済みの九州野菜ならはたちょく九州

有機食材宅配の大地宅配

九州産のみの野菜宅配サービスではないのですが、有機質肥料で育てた生産者の努力と愛情がつまった大地宅配といういう食材宅配サービスがあります。
大地宅配では、野菜を契約農家から直接仕入れていること。オーガニックの野菜宅配だけでなく調味料や、こだわりの大豆から作る豆腐や無添加であたためるだけのおいしいお惣菜などあります。定期便で10%オフなる子どもたちへの安心コース! 大地宅配の「とくせん定期便」があります。

はじめての方でも気軽に試せる、3,980円相当が今だけ約50%以上OFFの送料無料の「お試し野菜セット」が1,980円から!もあります^^(※一部の地域で送料あり)

スポンサーリンク
アドセンス



アドセンス



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス